最後の恋 – 中嶋ユキノ

ふっと この恋はいつか 終わりがくると
あなたの手にふれながら そう気づくの
色づく並木道の楓の葉が 風に吹かれ揺れてる

人を これほど深く愛するなんて
思いもせず 恋に落ちた
今が 儚い夢だとしても 傍にいさせて
切なく愛しく 命ある 最後の恋

二人が出会ったカフェの 窓際の席で
陽射しがあふれる通りを 静かに見てる
初めてキスした時から
気持ちは 何も変わってないよ

今は 限られてる大事な時間を
あなたと 強く生きてゆく
今が 儚い夢だとしても 傍にいさせて
切なく愛しく 命ある 最後の恋

その時が来るまでは 二人を引き離さないで
すべての瞬間 こころに残したいの

あのね 本当のことを言うとね
不安で泣きたくなるけど
祈ることより 生命の強さを
信じてるの 信じてるから

たとえ 奇跡が起こらなくても
あなたと 強く生きてゆく
今が 儚い夢だとしても 傍にいるよ
切なく愛しく 命ある 最後の恋

最後の恋