ピアニシモ – 中嶋ユキノ

真夜中のソファーで 思い出すよ
いま きみは どこにいるんだろう
ピアノとギターと くちびるには
同じメロディーを浮かべて

小さなレストラン そこが
わたしたちの アトリエ
音楽が 始まる前の 静けさ 呼吸(いき)をひそめるとき

マイクスタンドの 向こう側に
一粒ずつ 降り積もる輝きを
わたし見てたの 見とれてたの
ピアニシモ いま 宝石になるよ

夢から覚めたみたい ずっと そんな感じ
きみのいない世界 でも
うまくやらなくちゃ 窓の外は晴れ
気分は 雨降りでも

「何とかなるさ」って
きみが「Everything’s Gonna Be All Right」
陽気に歌うなら わたしたちも「花に水を」あげてみよう

一秒ごと 一秒ずつ
わたしたちが奏でるのは
小さな砂粒だけど でも よく見て
ピアニシモ ほら 宝石になるよ

きみを見てたの 見とれてたの

マイクスタンドの 向こう側に
一粒ずつ 降り積もる輝きを
わたし見てたの 見とれてたの
ピアニシモ ほら 宝石になるよ

ピアニシモ いま 宝石になるよ

コメントを残す