血を流した皮膚組織は少し経てばもう元通りだ引き攣れてる傷跡が「そんなこともあった」と云うぐらいだろ?そう諭して…痛み誤魔化す度看過できない衝動だけが渦巻いた疾走れ 疾走れ 何処に向かうか知らない 見えない だけど行かなきゃ虚ろに空いた胸の隙間から“生きたい”と声がする だから迷わず月下を疾走れ淀んだ日々から、地を蹴ってありふれてる感情だと笑い飛ばしても 嗚呼 消せずに居た悲しい哉 僕はただ孤独とい