わたしにできること – 中島愛

無くしたものと
集めたものの狭間に
あなたの笑顔 落ちていたの
届きそうで届かない

とんでいけるわけじゃないし
笑わせてあげたいだけなのに
役立たずのこの翼
なんのためにあるのだろう

あなたのそばで笑うよ
わたしにできること
ここにいるだけでもいいのかな?
どんな顔しても
よぎるの あのかすかな記憶
空のかなたを想うよ

傷つけたのは
わたしのほうだったのかも
勝手な不安 持て余して
放り投げるくせにね

いつのまにか笑えなくて
ちっぽけな日々のなかでたたむ
忘れがちなこの翼
なんのためにあるのだろう

あなたのそばで笑うよ
うまくできなくても
作り話でもいいの今は
声を聴いていたい
教えてあのいつかの続き
世界の果てはどこなの

水面に映る白い雲
いつか届くと思ってたのに
すくってみたら もう あとかたもない
ひとりぼっちの空

あなたのそばで笑うよ
わたしにできること
あたためるだけでもいいのかな
せめてつつみたい
気付くの そのための翼と
今こそわたし 笑うよ

雲の欠片をあげるよ

コメントを残す