ねぇ どうして?慣れない手で作った苦さを思い出して 笑ってみたり遠くで暮らし戸惑ってた 店先までも今では私の街静かすぎて 眠れない夜でも平気よ 見えない糸があるからここがどこだって 構わない揺れる風景とその手を取りまだ ちょっとだけ知らないあなたの気持ちにそっと 寄り添いたいの迷ってしまわないようにまた いつかの胸を打つ様な出会いを思い出してしまった 今日は遠くで響く街の声 下駄が跳ねる音に少し漂
ビタースウィートなハーモニー奏でようつま先で立とうとしてよろけちゃう君に思わず微笑んじゃうまっすぐな君の夢手伝いたいけど余計なことかな(Stand up!)君は多分(Look up!)変わりたくて(Jump up!)急ぎ足で歩いてくそんな仕草も 愛しくて 構いたくなるよビターになりたい君の頑張りを優しく包み込んでいたいの(Hold on you)少し疲れちゃったら甘えたっていいんだよ?(Ill keep
どうしても拭えない傷みがあるなら決してほどけない記憶があるならClose Your Eyes何も捨て去ることなくFeel Your Heart一人悲しみと共に生きるだけいつの日か忘れゆく時が来ようとClose Your Eyes遠いぬくもりは消えないFeel Your Heart人は悲しみと共に生きてゆく
抱き合ってくっついてひっついて背伸びして 1, 2, Kiss!逆らってためらってはにかんで寄り添って 1, 2, Kiss!好キッス! Kiss!! 好キッス! Kiss!!おどけないで今すぐちょうだい? ねえ!見つめてもすぐにそらす よそみしないで My sweet heart真っ赤に染まる頬を 見つめていたいよ ねぇ器用なんかじゃなくても がんばる後ろ姿とっても 好きだよ? Ah (dont
Hello!Try! あきらめない心 この胸の中に忘れないから いつもDont Cry きっと約束よ一人で泣いたりしないでいつだって一緒だから悲しみひとつ(そっと分けあったら)もっと強くなれるよ Yeah!今すぐ笑って! My Friend!誰かのためじゃなくて自分で決めた気持ちだからまっすぐな声で Hello!歌ってよ いつもの歌 一粒の勇気を心にYeah!Hello!Why? 少し戸惑って
始まりの朝の 淡い光 フワリゆっくりと 小さな つぼみがほら 開くよキミの手にある 未来の種 どんな色に咲くの?聞いて 繰り返し 響いてる 波の音あの夏の 想い出が 蘇る大きな手のひらに 溢れてた優しさ今は 小さくて まだ見えない 夢だけど大丈夫 信じれば 叶うはず窓辺にそっと咲いた 大切な花 届けたいよ 今すぐ望遠鏡片手に 星を見てる キラリ真っすぐに落ちた 月の明かり 影法師静かに揺れる 甘い
生まれた夢に真っ白な羽根 生えたらどこまで遠く飛んでゆけるかな虹色描いた おおきな未来マシュマロほおばって いま素敵な 時間が 始まるキミにだけ教えてあげるよ憧れてた物語と 大好きな空ほんとうはナイショナイショだよタカラモノなら ずっと持ってるよ大人になる その日まで小さな頃に当たり前だったこと今でもココに残っているかな朝までみんなで 語り明かしたなんでも知りたくて そうたくさん ヒミツを探した答
あなたが生まれた町にふらりと旅に出てみました白い汽車に揺れながら流れゆく雲とともにこんな私をあなたが見たら優しいあなたは叱るのでしょう古いホームに降り立つ時にむせるほど漂う初夏の匂い夏鳥つらなる晴れた空私はまだ飛び立てない…潮風にあなたを感じてまだ、迷っています遥か遠くに浮かぶ小島あなたを育てた町並みなんだか私も懐かしい…二人で来たかったあなたが生まれた町に今年も夏がやってきます線路沿いの並木道陽
love for youlove for me?くすぐる 耳元君の好きな音 弾けたら見慣れた 景色も 輝いていくのゆらめくハート さらわれるの待っているお願い 瞳(め)をそらさないでいますぐ つかまえてよ恋の魔法をかけてよ無重力 君に溶けていくもぅ…とまらないロゼピンクに愛を染めてよ流れる星月の裏側ささやいて そっと永遠の宙(そら)を
遅くなったね ごめんねって言ってるような 青い空待ちくたびれた 僕らのもと特別な季節 また来るよ心のペダルぐっと踏んだら坂道もほら 味方した飲み干すサイダー 汗ばむボーダーきみと近づく夏が来る心まで ギラギラ太陽 誘惑の サマームード勢いで 冒険しちゃいたいじゃない だって夏じゃないWe gotta do!
夜明けが近いのに夢が深いのはどうして?唇が何度も名前を呼ぶのはどうして?次のシナリオはまだわからないノヴのないdoorがただ続いてるだけ愛されながらいつか愛は変わるいろんな場所に熱い痕を残してここから何処へ行くの?ふたりきりで心の窓を拭ったゆびさきの雨幸せにふれると少し怖いのはどうして?優しい眼差しがさみしく思えるのはどうして?どんなさよならをまた怖れてる鍵のない宝箱隠せないままこれからなにが消え
曖昧な残り香が惑わせた行き先迷路みたいな時間をくぐり抜けて歩いた恋したあの日の声つたう涙の色幻じゃないはずのかたちのない記憶こみあげる想いここにいてほしいのに叫んでも声にならないCall me みつけだしてCall me ここにいるから滲んでく青い光震える肩を抱きしめたいつも守ってくれたあたりまえの温もりさえ何故か消えてなくなるの音もたてないままこみあげる奇跡遠い明日への鍵地図なんて破り捨てていく
冬の晴れの日の風は ふくらんだ気持ちをシャンとさせてくれる寝不足でアイロンしても ナチュラルな笑顔は自分次第ねひと月前までは ただ笑いあう関係 なのに今胸が鳴る存在夕べの準備だって 褒めてくんなきゃ報われない恋心信じてみて こんなに私 変わった初めて歩くブーツで 初めての気持ちを弾ませてく君と会ってなんて言おうかな 慣れないヒールのリズム 早くなる12月の神様が あちこちの灯りに魔法をかけて降り始
La la laあぁ 手を伸ばしたら 届いてしまいそうな青空斜め右 君の背中 お気に入りの角度もう 逃したくない 二度と戻らないこの瞬間を二つのハート焦がしていく 太陽…つかまえてよただ君がいるだけで そうすべてが輝いていくよとびきりの季節が ほら これから始まるよいつでも どこにいてもまっすぐ君のこと
無くしたものと集めたものの狭間にあなたの笑顔 落ちていたの届きそうで届かないとんでいけるわけじゃないし笑わせてあげたいだけなのに役立たずのこの翼なんのためにあるのだろうあなたのそばで笑うよわたしにできることあたためるだけでもいいのかなせめてつつみたい気付くの そのための翼と今こそわたし 笑うよ
人はみな飛んでみたいのに重力に騙されてるんだ誰もほんとは飛べるんだよ君が部屋の隅っこ しまい忘れた あの一輪車ホコリ払い昔みたいに乗ってみようもいちどアリガトウ、って君に言えたらアリガトウ、って君が笑えば行ったり来たり 楽しくなる君が大好きになる心配なんていらないよ いっしょにいるから一人ぼっちじゃない人はみな愛されたいのに裏返しのことしちゃうんだ誰も素直になりたいくせにあのコがあんなに哀しそうな
ひなたぼっこは今日のわたしの仕事それ以外は受け付けませんそんなでたらめな日でもたまにはいい?でも会いたいのはほんとだよ明日、明後日は会えるかないつだってきみは素っ気ないけど、気づいてよでも好きなことは内緒なの明日、明後日も内緒なの同じ空の下ですれ違うだけなのかな世界地図は見たことないけどいま起きたら見知らぬ国こんな何もない部屋で迷子は嘘ねでも会いたいのはほんとだよいつまでも、そう、ほんとだよまた向
「ありがとう」「ありがとう」そこに居てくれていつまでも 微笑んでくれて遠回りして 道草をして 冒険気分の帰り道大きな虫や 小さな海や きれいな小石を 探してたあの頃みんなで 並んで歩いた 道はこんなに狭いよ遠くまで 遠くまで 聞こえる声で笑ったね 叫んだね 「また明日ね」どこまでも いつまでも 続く温もりこれからも 忘れないから大好きなこと 伝えるために いたずらしたり からかったり最後に君が 泣
キラメく恋のメロディーこの胸に宿る光に 触れていたいよShining on shining on shining your storyShining on shining on shining my story初めて交わした言葉を今でも憶えているよ 君の照れた横顔花びらが肩に止まってあの日と同じ景色も三回目の季節ですそっと つないだ右手ずっと 離さないでね風がページめくっていくよきっと 新しい場所
黄昏映す 窓辺へと舞いおりるきらめくそよ風 吸い込んで空を見る時悲しい出来事が ブルーに染めた心も天使の絵の具で 塗りかえるよ思いのままに出会った頃は 宇宙(そら)にさえ憧れた私をいつでも守ってた愛に気づかず少しの間だけあなたに サヨナラしたらI love youこの気持ちは 涙にかわるでしょうか瞳をそらせば 全てが離れてしまういつかは永遠の光 私を誘(いざな)う悲しい出来事が ブルーに染めた心も
この空の果てに浮かんだ 悲しみ色の惑星でふたつでひとつのカラダを ギュッとつかまえていてお願いよ…胸にしたたる赤い 傷痕すらいとしいけどあらがえぬ運命ならば 受け入れること決めました全ての過去を乗り越えて 生まれ変われるのならきっとあたしは白い 翼の生えた天使になりたいのよこの空の果てに浮かんだ 悲しみ色の惑星で全てを許せるように 全てを愛せるようにあなた包み込めますようにきのうまでのあたしと あ
“Be MYSELF”これがわたしの“Dreamy Life”光差す場所へ届けるよ 瞬きもせずに 見つめていて My Precious Love綿菓子のような雲を 初めて見つけた日の 夢を今でも忘れない気づいたときにはもう 走り出していたんだみんなの 声集まるあのステージうまくいかない時もあるパインパフェほおばってゆこう本当の自分の力 試してみようよ“あのトキの kiss”“Be MYSELF”走
あぁだけど涙が 止まらない つらい 逢いたい想い出ひとしづく 誰にもその訳はいわない中華料理は 不思議だと言って器用によけた 酢豚のパインあなたは いつだって 子供のように笑うよあぁだけど涙が 止まらない つらい 逢いたい想い出ひとしづく 誰にもその訳はいわないねぇだからお願い これ以上好きに させないでサヨナラのカードを 握りしめながらキスしてさりげない景色“I miss your love”当
おきたら おーきた おーきめな あくびファファーファファー ファイとだミーあさから だっと からだあらってシャワー シャワー シャキッとじゃワーめざめる~ あきらめ~る あきがくる~なつがゆく おつかれサマ~かれがいた かれいななつ さよならなっあしたの あたし お出しっみらいへのキス チュッピィライフチュピーライフほてった ほっぺた ほんのりと あげてファファーファファー ファイとだミーまどから
すり減らされた 残る痛みに心歪んで張りつめていた糸はそんなに太くはなくて疑心 警戒 避けて通れず時に林を森に隠して自分に謝るのは飽きたよ有りもしない仮面は外しもう一つ前に 動きだす saturday night華やいだ灯りで未来照らし導く夢と光なぞるように触れたいんだもどかしく切ない揺らぐ夜を抱きながら越えて次の扉開けるまでは白紙撤回どこにいるのか手を叩いて響き確かめた耳を澄ませばかすかに聞こえチ
だって私の Special Day ときめきを探しに行こう新しい一日始まるから そう、未来は私の手の中星に願いを ちゃんとキャッチして どうかお願い ah ah ahそして瞳をぎゅっと閉じてみるの いつか描いたあの日を想うよどんな世界が待っているんだろう? きっと知らない扉が開くの悲しくて眠れない夜なんて いっぱいあるよね?そんな日は私が連れてってあげるよだって私の Special Day ときめ
草原に寝転んだ君長い髪に Stardust天使が降りる口づけで恋の飛行船ロープほどいて夜空に二人浮かぶ“好き”とそっと片目閉じささやく永遠い(とおい)銀河に虹架けながらSweet love my love, Make you dream夢見たままで大人になっておくれよ君だけは虹色に銀河染めあげて誰か 今夜も夢の気球飛ばすガラスの靴はいた君がステキさ真夜中過ぎのシンデレラたちYou dream, your
夏色に輝く空も くすんでる気がしてたんだいつの間にか 大切なものさえ しまい込んでる気づかないフリしてること もう見透かされていたんだキミの言葉 色づき始めてく 私の世界深呼吸をして 狙いを定めて 覚悟を決めたら走り出す その手に引かれて 今キミに貰ったこの翼で 風を掴んでくのきっと どこまでだって一緒に 高く飛べそうで重ねた想い描(えが)く軌道は 明日(あす)へ向かってくのずっと 追い続けていた
夕暮れの空は 地球のどこかで 朝の空悲しい夜が来たって 笑顔に戻れる そんな気がしたねぇ 夢を見たり 落ち込んだりその度に救われたり生きるほどに 感じたのは生かされてること何度でも 生まれ変わるのどこまでも わたしが目覚めてく(わたしが)はじまりが(はじまる)ほら はじまるよ果てしなく(続いて)あなたに続いてる(あなたに)宝石の価値って 磨いてみなくちゃ わからない誰も知らないミライで わたしたち
ねえ 君は 憶えている?いつか見た 世界の涯て手が届きそうな 碧い銀河は遠い日々の瞬(まばた)き夢から覚めて あくびしてずっと目が冴えて 眠れないよ胸がドクン!と 高鳴って好きなことを好き!って言わせて 今いくつもの 夜を越えて約束の あの場所へもういいかい? まだだよまだ始まってもいないいつも最高の瞬間は だいたい近未来ここがスタートライン フレー!ほら 君は 立ち尽くしてる地図にない 道なき道