人生の素人 — 中島みゆき

輝いていた頃の君を探してた
今はもう失ったものを褒(ほ)めていた
そのことが君をなお傷つけていたと
気づかない僕は この愚かさを憎む
「くよくよなんてしなさんな 昨日は昨日
見せたい海があるの 知らなかったでしょう」
君が今 新しさを僕に教えてる
皆、 人生は素人(しろうと)につき

日々という流れには ひながたもなく
1人ずつ放された蛍のようだ
「いつかはなんて云わないで 今すぐ見せて
行(ゆ)けばよかった國(くに)の地図 私に見せて」
君が今 向う見ずを僕に迫ってる
皆、 人生は素人(しろうと)につき

思い出は要(い)りますか 思い出は要(い)りませんか
いつか旅立つ日のために
憧れは要(い)りますか 憧れは要(い)りませんか
いつか旅立つ日のために
皆、 人生は素人(しろうと)につき

「くよくよなんてしなさんな 昨日は昨日
見せたい海があるの 知らなかったでしょう」
君が今新しさを僕に教えてる
皆、 人生は素人(しろうと)につき
皆、 人生は素人(しろうと)につき