わたしの身勝手わかっています世間の風に冷たさ 二度も三度も泣いて 泣いて 我慢してたのねあなたの気持ちがわかっているからあなた今度生まれて来るときはやさしい両手のなかで 四つ葉の愛を話せたらわたしのこの心変えてみたいのあえなくても怖くない 孤独のわたししれん さだめ めぐり逢いだから切ない気持ちを背負ってゆくから今を信じ夢みていたいからあなたの温もり感じ 四つ葉の愛で話したいあなたの全てを見つめて
恋にすがって 愛を求めた 幸せを夢みたのだけどあなたは つれないそぶり わかってはいたけれどあなたひとりに賭けたこの恋 そんなわたしが馬鹿でした心変わりはしかたないけれど見なけりゃよかった携帯ああゝ いまではもう遅い下手な言い訳 あなたは言うわ もう信じちゃいないからふたり暮らした部屋を出るけど 追いかけたりしないでひざまづいても許さないのよ 浮気バレたら終わりですわたしこれからいい男(ひと)みつ