僕がそばにいるよ君を笑わせるから桜舞う季節かぞえ君と歩いていこう僕がそばにいるよ君を笑わせるから桜舞う季節かぞえ君と歩いていこうまぶしい朝は何故か切なくて理由をさがすように君を見つめていた涙の夜は月の光に震えていたよ二人で僕がそばにいるよ君を笑わせるから空のない街抜け出し虹を探しに行こういつもそばにいるよ君を笑わせるからやわらかな風に吹かれ君と歩いていこう君と歩いていこう君がいる君がいるいつもそば