ありがとう さようなら 友だちひとつずつの笑顔 はずむ声夏のひざしにも 冬の空の下でもみんなまぶしく 輝いてたありがとう さようなら 友だちありがとう さようなら 教室走るようにすぎた 楽しい日思い出のきずが 残るあの机に誰が今度は すわるんだろうありがとう さようなら 教室ありがとう さようなら 先生しかられたことさえ あたたかい新しい風に 夢のつばさ ひろげてひとりひとりが 飛び立つときありが