風の寺 – 丘みどり

あてもないのに 古都(みやこ)を行(ゆ)けば
今日も日暮れる 女の旅路
この世がすべて かりそめならば
あなたもきっと 影法師
恋をしずめて 風の寺
なみだ千年 送り火揺れて
ぬくもり恋しい この胸に
さやさやと さやさやと 竹が舞う

未練ひとつを 捨てたいけれど
何処へ行っても 寂(さみ)しいばかり
あなたと二度と 逢えないのなら
も一度抱いて 欲しかった
恋をしずめて 風の寺
待てば千年 切ない心
いとしい名前を 呼ぶ度(たび)に
さやさやと さやさやと 竹が泣く

恋をしずめて 風の寺
夢は千年 移ろいながら
女の明日を 連れてくる
さやさやと さやさやと 竹が呼ぶ