薩摩半島 – 丘みどり

煙たなびく 薩摩の空は
未練後引く 女のこころ
独り旅路の 桜島
消えない情念(おもい)が 噴き上がる
愛に迷わず ただひとすじに
熱く熱く 熱く焦がれて 薩摩半島

好きで添えない 浮世の運命(さだめ)
隠れ湯の里 女のあかり
白い夜霧の 薩摩富士
あしたの行方も 分からずに…
夜が更けても まだ熱帯びて
永遠(とわ)を永遠を 永遠を夢見た 薩摩半島

冬の指宿(いぶすき) 菜の花染めて
凛と咲かせる 女の命
始発 終着 枕崎
きのうを辿(たど)れば 行(ゆ)き止まり
涙流さず また歩き出す
きっときっと きっとここから 薩摩半島