晦日 – 世田谷ピンポンズ

あの人が書いた小説を読んで 四十度くらいのぬるま湯に浸かる
雪は明け方ごろ降るらしい
何処までも広がる群青の夜だ 生きているものの何ひとつないような夜
遠く山の稜線がひとつになって溶けてゆく
お蕎麦に入った柚子のかけらを お箸でそっとよけながら
防災放送が晦日を告げた
何処までも広がる群青の海だ 遮るものの何ひとつないような海
遥か遠くの街で花火がひとつだけ上がった
何処までも広がる群青の夜だ 生きているものの何ひとつないような夜
下を向いたまま 降りてくるメロディに気づかないふりをして
薬缶がシューシュー鳴いている