木の葉をわけ 走る電車の中今日はきっと 時を戻しているずっと 君と 通った道追い越してもうすぐそばにある景色 ‥ほら風の様に 花の様に 光の様に かのか香る 時の中に 居た振り向いたら 囁く風 二人いつか 約束した
湿った夏風 白い防波堤だいだい色の海の上言葉を重ねた 僕達はずっとここに居るって思ってたあての無い夜は 語り明かして声を枯らしては 抱き合ってた月がひく道を 辿って行けたら僕達(ぼくら)は探してる時は変わってゆく乾いた秋風 胸は夢追って迷い始めて日は巡り言葉を失くした 僕達は離れ構わないって思ってたこれから先は 別々の道見えない旅が 始まってる街が遠くなる 心地良い町が私は探してる 時が変わってゆ
見たことある 場所を抜けて 探してる あの頃居た僕らをもう映る あの水平線 変わらない景色 目の前にある海岸線沿って走る度 僕達ずっと傍に居たんだって滲んでく言葉告げるよ あの日へ 溢れてる ずっと果てしなく続くから好き ここから叫ぶ 夢をずっと稲村ヶ崎から続く 守っているよ