sympathy – 下野紘

急ぎ脚の十字路で 落し物を見つけた
だけど誰も 見て見ぬフリをして 過ぎてく
肩の当たる狭い都会(まち) ムスっとするより…Image
すれ違うひとり ひとりにも ストーリーがある

ほら 誰かだけを中心に 地球(せかい)は回っていない
みんな居なきゃ 回らない

君と逢えたこと それに「サンキュー」
照れている場合じゃない ありのままに
今日を生きるひとへ「サンキュー」
辛い瞬間(とき) 嬉しい瞬間(とき) 伝えたいよ
片時も離さない その笑顔 繋ぐ sympathy

電車2本分早く 駅に着いただけで
まるで違う ひとやドラマへと出逢う 不思議さ

ほら 掛け違えたボタンさえ 真心(こころ)で話せるなら
何も問題はない

いつも居てくれて 本当「サンキュー」
ひとりでは頑張れない ダメな奴さ
その代わり 君のために
傘となり 涙拭こう 嘘にしない
ヒーローじゃないけれど いつだって 味方でいるよ

ねえ すべて 忘れないよ
写真では撮りきれない メロディーまで
唇が紡ぐ「サンキュー」
愉しいほど 嬉しいほど 溢(あふ)れるよ

真心(こころ)から 本当「サンキュー」
照れている場合じゃない ありのままに
今日を生きるひとへ「サンキュー」
辛い瞬間(とき) 嬉しい瞬間(とき) 伝えたいよ
片時も離さない その笑顔 繋ぐ sympathy