窓に佇む ムダな世界向かいあう意味も忘れ届かない未来のカケラ掴むために もう一度だけ悲しいあの日へ知ラナイコトハナイヨ?君ノコトナラ幼イ過チモ重ネタ 嘘モッッ!逃げても逃げても聴こえる足音は神のものか 少女の恨みなのか誰もが奇怪信じられない優しかったきみの声さえ許サレナイ恋ナラ禁忌犯シテ薄汚レタ爪ゴト皆…ハガシテヤルッッ!世界は歪み身を 切り離して撫でてくれた幻でさえ…今 全て 終わるきみはニセ