虹色シャボン玉 – 上野優華

神様が不意に ほっぺたに1つ
キラキラの滴を 落として行きました
見上げた青空に シャボン玉1つ
優しい風に乗り ふわりと飛んでる

七色に輝く景色に 指で触れたら 音もせずに消えたんだ

上手くいくばかりじゃないんだ だからこそ強くなるんだ
ただ 胸はちょっと痛むけど
新しい願いはきっとすぐそばで
生まれてくるよ また愛しさ溢れては

いくつもの光 浮かんでは消えて
沢山の小さな 虹ができました
あどけない夢は シャボン玉みたいで
頼りない自分が 眩しく映ってる

少しずつ色を増しながら 膨らんで行くよ 希望と勇気を詰め込んで

完璧なものなんてないんだ 1つずつ違っていいんだ
まだ 不安は消えないけど
何処までも昇って行くんだ 大空を
彩るように その想いを乗せて行く

変わらないものなんてないんだ 今だけが全てじゃないんだ
ほら まだ見ぬ未来はずっと
何処までも続いてるんだ 目の前に
歩いて行こう 描いた虹の先まで
描いた虹の先まで