さらばサハリン~大桟橋 – 上野さゆり

どこまでも続く紺碧の空と海… その果てのサハリン
遠いあの日、千切れるほどに 手を振った 涙の大桟橋よ

空に問えば 海に聞け 海に問えば 風に聞け
風に問えば ドームに聞けという
「祖国よさらば 父よ母よ いとしの妻よ子よ」
わかれを刻んだ 落書きも 稚泊(ちはく)航路も いまはまぼろし
まぼろし哀し 大桟橋よ

逢いにゆけぬ 墓がある あれが故郷(ふるさと) サハリンと
語るひとよ なみだの宗谷湾(そうやわん)
「返らぬ島よ 鳥よ花よ まぶたの裏にある」
歳月ながれて 旅びとの 船は出てゆく 利尻・礼文へ
さいはて哀し 大桟橋よ

「祖国よさらば 父よ母よ いとしの妻よ子よ」
わかれを刻んだ 落書きも 稚泊(ちはく)航路も いまはまぼろし
まぼろし哀し 大桟橋よ

コメントを残す