SNOW IN THE PARK – 上田知華

凍り始めてる 雪のあとの
人気のない街 公園のフェンス
息をはずませて走る人の 影も白く

恋をしてる日は 不安すぎて
逃げ出したくなる こともあったのに
それが誤解でも あやまちでも
今は なつかしい

誰かをまだ愛せないで
そのことさえ認めないで
こんなに静かな日を ずっと歩くの?

いつもは忘れて いられるのに
頬が冷たい

自分がよくわからないで
そのことさえ気づかないで
今ごろ悪く思う ひとりになってみて

降り出した雪に 凍えながら
春を待っている すべてのいのちが
暖かくなれば 誰かにまた
心 開けるはず 空を見上げよう