BROWNY MOON – 上田知華

“昨日はどうしていた?”
茶色の月を見てたわ
ほんとはそのドアで
膝をかかえて
外灯のあかり 何度も数えてた

誰かを恋しすぎて なさけなくなることがある
逢えないと知っていて
逢いに行く夜は
胸の中熱い
見上げると Browny Moon

教えてよ今夜 おやすみと言う前に
この恋は いつか
何色に変わるの?