二年前の雨 – 上田知華

あなたと別れた時も今日のような雨が
ふたりの道をしとしととぬらしていた
乾いた心の中をぬらすほどでもなく
無言のままでさよならをしたけど
あの日から二年がすぎ 今になり
あの時の雨がしみてくるのよ
せめて一言 せめて一言最後に
愛されてありがとうと
言っておけばよかった

あなたと別れてからは 愛されもしないし
愛しもしないでただ生きてきたみたい
ひとり歩いてゆく道がみつけられないのよ
別れた道がしとしとと見えるわ

あの日から二年がすぎ 今になり
あの時の雨がしみてくるのよ
せめて一言 せめて一言最後に
愛されてありがとうと
言っておけばよかった