おまえの男だった時に – 上田正樹

髪の毛をかきあげる癖
憶えている いまもお前
未練じゃなく いい女だった

お前の男だった時に
何ひとつ してやれずに 別れたけれど
若すぎた 優しさだけで
お前の心までは 縛ること出来なかった

噂なら きいているけど
戯れの恋に走り
また心を ぬぎすてている

お前の男だった時は
愛という言葉だけで 生きれたはずさ
まぶしさを 大人にかえた
疲れた心までは 治すこと 出来なかった

若すぎた 優しさだけで
お前の心までは 縛ること 出来なかった あの頃
まぶしさを 大人にかえた
疲れた心までは 治すこと 出来なかった あの頃

若すぎた 優しさだけで
お前の心までは 縛ること 出来なかった あの頃
まぶしさを 大人にかえた
疲れた心までは 治すこと 出来なかった あの頃