時のしおり – 上沼恵美子

あれは昭和の三十九年
希望を灯した 聖火台
そして 昭和の四十五年
両手を広げた 太陽の塔
みんな熱くて 不器用だった
昭和の時代を 生きました
ゆれる心で空を見た 平成元年 冬のこと
昭和 平成 令和へと
三つの時代を 生き抜いて…

あれは平成二十三年
今でも心が 痛みます
一本残る 松の木が
希望の証と なりました
みんな怖くて 肩寄せ合って
確かな絆を 知りました
ゆれる心で空を見た 令和の元年 初夏のこと
昭和 平成 令和へと
三つの時代を 抱きしめて…

昭和 平成 令和へと
心を繋いで 生きましょう…