白い雪がすべてを隠す言えない言葉が心で凍るあなたに出逢ったあの日からそして物語 静かに始まる逢えない淋しさが 涙に変わるあなたをそっと想うだけで切ないほど愛しい片思いだから求めるだけで傷ついてゆく雪よ降り続け燃える胸を静めて叶わぬ恋ほど愛は深くなるやさしさだけでは心は掴めない時には激しく想いをぶつけたい泣き濡れた夜のその果てに哀しいほど儚い片思いだからいつまでも遠くで見つめていたい風よ激しく吹けこ
まだ見ぬ明日が僕らに見えるつないだ指ほどけば終わる今ならその手にたったひとり何も持たないまま始まりの言葉はいくつもあるけど最後はいつだってサヨナラさたったひとつのその言葉を言わないために会える日も会えない日も心通わせ続けたねまだ見ぬ明日が僕らに見える真っ青に正直な空此処からその手に何ひとつも何も持たず私は何を探しているの輝きは振り返れない差し出すこの手に何ひとつも掴めないとしても僕達はまだ泣くこと
さよならは始まり 輝いた悲しみまたいつか会える その日まで過ぎ行く痛みも かけがえないメモリーあの日に誓った Oh my friends...何かに怯えながら かくれたあの場所暖かい風がそこには 吹いてた君と息をひそめた あの瞬間何かが壊れそうな気がした写真のような瞳(め)でいつまでも見つめてる心に映ってる いつの日もいつの日も君がいるさよならは始まり 輝いた悲しみまたいつか会える その日まで過ぎ
人ごとのような Rainy Dayいつも 曲がりきれないカーブでわけもわからず 泣いてないで持ちきれない荷物も 数え切れない夜もひとつずつ 手で握りしめて嘘でかためた正義も いつも夢ばかり語るブレーキも疑いながら 歩いて 走って断ちきれない思いも 持ちきれない願いもひとつずつ 絵にかいて眺め繰り返し 笑うだけ もう一人の自分のようで嫌いと 辛いと 呟いた日々を今から 飛び出しずっとそそぐ風 もっと
見つめて smile for me smile for you一瞬で ほらキラキラ 毎日がスペシャルになっていくレッツゴー右ポケットに愛の花もう片っぽに キミの右手繰り出す街サーカスタウン 光と陰がアップダウン一緒に駆け抜けようゴールヘ step by step step by stepちょっとずつでかまわない キミのペースが丁度いい見つめて smile for me smile for you一
夢と貴方の間に私らしさを置いたはずなのに時の流れに積み上げた硝子の積木がぐらついていた粉々になったガラスLOVEメモリーもう二度と戻らないと知りながらいま、もう一度だけ時を越えて私だけを強く抱き締めて私らしく無いって言ってよ貴方のぬくもりまで溶けて消えるまで文字と言葉の続きに何度もキスを交わしたはずなのにいまでは重ねあった温もりも、薄れてく毎日の暮らしの中で朝露に消えたガラスLOVEメモリーもう何
ピンクのラインストーン落としてから まるでツイテないだけど down↓してstop!したって しょうがないから Ill just go !!! 歩き出したら信号が全部青!! なんてLuckyGirl !!!「だからなんだ」ってクール気取ってないでよYoure a Boring BOY!!! 深呼吸 ひとつで ほら世界が変わるあなたにだけ届けたい 空の色ノストラダムスも知らない 未来を歩いている
「ありがとう」って私が言いたいのに 「笑ってくれてありがとう」ってそんなふうに優しくされたらまた わがままも言いたくなるじゃないいつまでもずっと そばにいさせて友達は言うの「いつまでその優しさが続くかな」って きっとヤキモチね「ずっと変わらず君のそばにいるよ」そんな言葉いつもは耳をふさいでた傷つくことが恐かった けど今は素直に聞けるの「ありがとう」って私が言いたいのに 「笑ってくれてありがとう」っ
ねぇねぇ 聞いてよ 今日もこんなこと あんなことあったよめまぐるしいけど 帰る場所があるから 負けないで また 明日安心できる居心地のいい 君と過ごす この空間広げていけたら心ぽかぽか暖かい 春の光が集まる君の笑顔に ありがとうの花束もって 会いに行こうほらほら 悲しいことばかりずっと 続くことないはずここからまた あなたらしく歩いて 長い旅楽しもう見渡す限り
そばにいるよ いつもいるよどんな時も一緒だから さぁ笑ってみせて心にポッカリ 空いた穴に必要なのは少しの勇気と笑顔空を見上げて 風を受け止めて心いっぱい 愛をいっぱい笑顔の花を 咲かせよう誰にだって 辛い時もある でも1人じゃないから気付けば ほら 笑ってる君がいる やわらかな風と共にいつもどおり あなたらしくいればいいよ きっと幸せになれるから手をつなごう ぬくもり感じて笑顔にあう あなただから
忘れそうな約束を 頭のすみっこにひらめいたアイディアを 心の真ん中にあきらめる そんなウソばっかり言ってないでたったひとつ いちばん好きなもの 思い浮かべてMy Honey はにかんでないで 本当のこと教えてよOh, My Honey はみだすくらいに笑ってそれだけでわかるから負けそうな時は 頭をカラッポに曲がりくねった道は 口笛を吹きながら誰だって ちょっとつまづいて落ち込んででも心配ない わた
ねじれたネクタイ直さず 走ってるキミ遅れないように ぶつかって よろめいていいことばっかあるわけない…って言い聞かせて通勤快速に 詰め込まれ 運ばれて信じたもの 今はもう どこかに忘れて僕なんか死ぬまで孤独だって思ってるでしょ?右胸の ポケットに 隠れているからピンチになった時には そっと中を のぞいてみてキミだけに とびきりの スマイルあげるよちょっとでも重くなった心 軽くなったらなぁ小さなカラ
SMILE君は夏に揺れている ひまわりのように僕の胸に咲いているSMILE涙ぐんで微笑んだ サヨナラも言わず君は部屋を 出ていった何気ない暮らしを 何気なく続けるにはあまりに数多くの 言葉が必要でSMILE愛さえも 疲れ果ててしまったSMILE窓の外に 久しぶりの 夕虹が架かったきっと明日は晴れるだろう出会いと別れは 同じ意味かもしれない互いに傷つき 辛い別れに泣いてもSMILEまた誰かを愛して行
当たり前に未来が来ると思ってたり決まりきった明日がつまらなく思えたり大切な人でさえ知らずにキズつける僕らに今必要なものは何?たずねる未来の僕らに僕らは幸せになれますか?同じような毎日でも笑える日があれば幸せと思える気持ちだけで未来が見えないから僕らは生きて行ける手を抜かずに夢を失わずに未来が見えたなら 君の事さえも好きになれないかもね何かを失ったら生きては行けないそんな時代だから 今を生きて行くう
青空へ飛び立てる その羽に憧れて窓の向こう側 自由な鳥に そっと夢を重ねてたあれから幾つも見た 夢を歩いてる途中で素顔に乗せる 色んな表情 一つ 一つ 増えていた笑う仮面の奥では 泣きそうになる瞬間が襲ってもいつでも あなたが支えていることそれだけできっと 明日を生きられる風に舞う花弁のように やさしく今 包み込んであの日見つけた鳥のように自由な空の下で 自分らしくあるためにもし悲しみの時があって
どんなつらいことも乗り越えてきたけれどあなたへのこの思い 押さえきれなくなる行く当てない雨の日は 子猫のように寄り添ったねあなたの寝顔に微笑んで 涙の虹は消えていったんだあの雨の日を 思い出すたび笑顔になるよずっとあなたにぎゅっと抱かれてる夢を見たせつなくて会いたくて 会えなくてせつなくて今でもまだ あなたを 忘れられない今日も雨が降る あなたを側に感じてる逢うたびに好きになる 映画のように朝を迎
例えば電車に乗り 街へ行こう僕らは路地を曲がり 迷路へ迷い込む例えば青い鳥を 追いかけよう僕らは好きな場所へ たどり着ける例えば瞳の色 覗いてみよう僕らの不思議な顔 見つめ合うように例えば立ち止まって 裸足になろう僕らの足下 ほら 四つ葉のクローバーLaLaLa 下北以上 LaLaLa 原宿未満そんな小さな恋の物語LaLaLa 切なさ以上 LaLaLa 悲しみ未満届きそうで もどかしい 物語例えば
野に咲く花のように強くありたい群れて馴れ合うより孤独の中で自分の道や 明日の行方を探して行きたいだけど何気ない言葉に傷つき自分の心の狭さを知るようにどれほど涙を流せば 信じられる変わらない情熱 今をつかみ取れ!今日の自分に勝つために昨日の涙を振り切って頑張るんだ! 立ち上がるんだ!目の前の壁を飛び越えろ心で叫ぼう Get Fight!Get Fight! Get Fight!痛みを知れば優しさの意
二人はなかなか会えなくて久しぶりに会って 離れたくないゴメン 分かってる 強くならなくちゃあなたにもらった リングが勇気をくれたいつからだっけ? ドキドキを感じたのは?いつからだっけ? 好きになり始めたのは?最初に逢った時は 何も感じなかったのにいつのまにか 大切な人に変わったの季節も変わり 服装も変わり でもあなたを思う 心は変わらない景色も変わり 気持ちだけは募る薬指のリングに KISSをして
桜並木道行く人の群れそれぞれが新しい心になり真っ白い雪の跡も消えてくサヨナラと告げ去り溶けてく冬新たな道を行く時はためらう事ばかり決めた答えに迷う事もあったけれど自分を信じたい…この世界に生まれてきた意味を探して人は生き続ける色んな壁が立ちはだかってつまずく事もあるでしょう全て受け入れる力あれば明日を生きる力になる諦めないと指切りをして君と約束した日初めから完璧な人なんてきっとどこ探してもいないか
限りある時の中できっとあなたが幸せであり続けます様に…たとえばいつかフト想い出す時に二人がいた あの季節が心色どる様に…あの頃に帰るよ 二人が出会う前の何も知らなかった夢を見てたあの頃に全ての始まりが あなたで良かった心からそう思うよ手と手をつないだ 新しい明日へと朝日の向こう側 せーいっぱい笑顔あげたかったのに限りある時の中できっとあなたが幸せであり続けます様に…たとえばいつかフト想い出す時に二
Shadan dan dan dan dan-dan dan LicenseShadan dan dan dan dan-dan dan to loveShadan
Look into the futureI will be your sunshine…夜明けが近い街で 虹を見たんだ懐かしい風を吸い込んで 舟を出そう毎日の中 埋もれた憂鬱をいつまでひとり抱え込んでゆけるのだろうどうすれば今ふたりもっと自由にこの世界を飛び立つ事が出来るの?例えば君がその言葉飲み込んで頬にふれたなら全ては救われるの?今この場所で 傷跡が疼く心を目覚めさせるただこの胸に 誰のもので
小春日和のような 窓の灯りのような洗いたてのTシャツ 公園のひだまりみたいな 温かな…泣いちゃった映画のような 笑っちゃう写真のようなキャラメルマキアート コンビニの肉まんどれよりも 温かなあなたのぬくもりで 春夏秋冬 ポカポカそのぬくもりが 強さをくれるの 前に進む勇気を時にはきびしく 時にはやさしく 胸いっぱいの愛でいつまでも変わらない そのぬくもりで 今日も ポカポカ心配かけないように 笑っ
Just clap ya hands 喜び合おう こんな二人の出会いをJust me & you 築き上げようよ 僕らだけの世界を Like this!なぁ何故?ただこうしてるだけで 君の横顔を見てるだけで今日もこうして癒される くたびれた心が満たされるたまに微笑んでくれる無口な僕に 突き刺さるよ 胸の奥の奥にそして君は決まって口ずさむのさ こんな歌をたぶんこの時間は 永遠たぶんこの瞬間は…もしも
答えを間違えただけでバツをもらう毎日はそう長くは続かないと気がついたの今は少しずつ自由に夢描いたり泣いたり恋をしたりできる気がするこれも全部あなたと最高のタイミングで出会えたからきっとどんな奇跡より眩しいいつかいちばん大事なあなたが泣いちゃうぐらい喜んでくれることが出来たら嬉しいな今は声に出して心から数え切れないありがとうを伝えるしかないけれど季節が変わるよりはやく世界は流れ行くけど私たちは変わら
感じるよ 目覚めた未来 キラメクDida Dida Dida Dida 呼んでるWere steppin out!!振り向いちゃダメさ描き続けるんだ 君だけの最高のイメージ 追い掛けるのさ感じるよ 目覚めた未来 そこにあるCool up Cool up Cool up Cool up まぶしい胸に抱く消せはしない この想いAll
ねぇ 分かるでしょう? 始まりはいつも 甘い香りそっと 踏み込んでゆく 明日の私は誰も知らない今はただ 優しさに揺られて 包まれたいほら はりつめた吐息さえも 安らぎに変わるよ切なさは 切なさは 咲き誇る恋の花抱きしめて 抱き寄せて そして許される愛しさは 愛しさは 舞い落ちるよ 粉雪思い出す あの朝も ただ雪が降っていた…淡く 強く 燃える 一輪の炎なぜ 夢の途中で 誰かの記憶が 心くすぐる?教
キセキの中で巡って来る運命が今導いた絶え間ない様に 途切れない様に永遠へ歩いてゆこうはじめて君に話した 心の痛い場所少しだけ遠回り 二人はしていたんだね移りゆく季節の隣に変わらない笑顔がたくさんあったよねキセキの中で巡って来る出会った風に吹かれながら運命が今導いた眩しい光探してゆく絶え間ない様に途切れない様に永遠へ歩いてゆこう会えない夜はいつでも 君の声聞かせて涙に埋もれそうな日は その胸で抱きし
ねえ…変わってく 生きてゆく意味がもっと ふたりが分かり合うほどに…そっと 胸の奥 染みる体温は明日を夢見る力をくれた時に太陽 時に月の光のようにお互いの心 照らせたら隣にいてほしい 凍える風の日も流した心の涙 優しく拭うから言葉ならいらない 指と指伝わるありのままの感情を 抱きしめられたらいいノックし続ける“はじめて”のドアをそっと開けてほしい 鍵はないから遠い昔から知ってたようだねあなたの声