寝ても覚めても恋しくってずっと見つめていたの浮かれはしゃいでた夕暮れも落ち込んだ日も寄りそう肩が あたたかい 胸が苦しいギュッとして誰よりも ずっと好きだった夢がさめ 明日には 消えてしまいそうぬくもりを 確かめた隣にいる資格などない云えないヒミツがある波が消していく砂の城もう隠せない想いをつげた あの場所で ぜんぶ話そうギュッとして弱ささえ 受け止めてくれた夢はもう どこまでも 続いていくのその
ひとつ ひとつ 未来へ Ahヒミツを 打ち明けたら きっとこの恋 終わってしまうわ…でっちあげの写真 せつなすぎるねつらかったの お昼のミルク飲んでくれた あなたの虜にあの瞬間から パンドラの恋Lovin youひとつ ひとつ 未来へ Ah 今すべてを 受け入れてくれるあなたの優しさ 感じて…ぜんぶ償って ホントの彼女になりたいオトナじゃない 私あたしでいいの?でも頑張るわ それは まだヒミツ♪