暗い浮世の この裏町を覗く冷たい こぼれ陽よなまじかけるな 薄情け夢も侘しい 夜の花やけにふかした 煙草のけむり心うつろな おにあざみままよ火の酒 あおろうと夜の花なら くるい咲き誰に踏まれて 咲こうと散ろと要らぬお世話さ 放っときな渡る世間を 舌打ちですねた妾が なぜ悪い霧の深さに 隠れて泣いた夢が一つの