しなやかに歌って ―80年代に向って― – 三浦祐太朗

しなやかに歌って 淋しい時は
しなやかに歌って この歌を
坂の上から見た街は陽炎(かげろう)
足につけたローラー 地面をけって滑ってく
夜は33の回転扉(とびら)
開ければそこには愛が溢れているのに
レコードが廻るだけ あなたはもういない
しなやかに歌って 淋しい時も
しなやかに歌って この歌を
素顔のままで 私はひとり
あなたの帰り待っているのです

澄んだ青い空の彼方をめざし
栗毛色のポニー手綱(たずな)を引けば走ってく
夜は33のページを開き
昨日の続きの本を読んでいるのに
お話しは 終りなの あなたは もういない
しなやかに歌って 淋しい時も
しなやかに歌って この歌を
飾りをすてた 心のなかで
あなたの名前呼んでいるのです

しなやかに歌って 淋しい時は
しなやかに歌って この歌を
静かに時は流れてゆくの
夜はいつでも朝に続くはず
しなやかに歌って 淋しい時は
しなやかに歌って この歌を
しなやかに歌って 淋しい時に
しなやかに歌って この愛を