夕焼小焼の、赤とんぼ負われて見たのは、いつの日か十五で姐やは、嫁に行きお里のたよりも、絶えはてた夕焼小焼の、赤とんぼとまっているよ、竿の先