しく しく(頻く 頻く)……くれ くれ(呉れ 呉れ)……纏う黒き衣(きぬ)うたかたの役目満ちては欠けてゆく玉桂(たまかつら)消息盈虚(しょうそくえいきょ)そのかたち 留まることなく夢幻泡影(むげんほうよう)なればこそ 舞い続けようしく しく(頻く 頻く)……くれ くれ(呉れ 呉れ)……半座(はんざ)分かつ華のうてな誰(た)が為にそこにある宿世(すくせ)分つ為の華のうてな
あの鳥のように飛べたなら、今すぐにでも…濁りに染まぬ蓮清らかに咲き誇る一度(ひとたび)巡れば蓮に心寄せ托されるは生涯の約束ぽん…ぽん…聞こえるか?花の咲く音開く音この花のように 清く咲くその下には濁る泥水この花のように 清くあるその裏には
しく しく(頻く 頻く)……くれ くれ(呉れ 呉れ)……かりそめの宴(うたげ)うたかたの花火生まれては消えゆく春の夢誰(た)が為の華のうてな
Get & Move on Move onMove on 響かせろGet & Move on Move on未来の先まで温もりに頼って過ごしたこと 微かに憶えてるやりきれない不安で欠けてしまう 僕らの世界Parts & Partsの絵柄が書き換わり在りもしないMirageを生む現実から目を背けるほど止まることも無く失うCode言葉の中のLoveやRespect 今だけの道標何を目指せば未来は変わる
散らばった星を繋げてそこにまだ見えない星座を探した思い通りにはならないそこに答えもないでも君と行く明日を見たいと思うから手を伸ばしてEndless Night 夜に描くEndless Night 僕らの星何度でも朝を迎えまた僕らは歩くPrecious Night だけど今はそっと夜風にまかせ音のない星空に包まれたい君が笑えばこんな僕にも意味がある気がした 不思議さ夜明けにはまだ早いから話をしていよ