花街の母 – 三山ひろし

他人(ひと)にきかれりゃ お前のことを
年のはなれた 妹と
作り笑顔で 答える私
こんな苦労に ケリつけて
たとえ一間の 部屋でよい
母と娘の 暮しが欲しい

「いくらなじんだ水でも 年頃の娘のいる左褄(ひだりづま)
住みにくうございます
浮名を流した昔も ありましたが…
ああ あの人
私を残して死んだ あの人を恨みます」

厚い化粧に 憂いをかくし
酒で涙をごまかして
三味にせかれて つとめる座敷
あれが子持ちの 芸者だと
バカにされても 夢がある
それはお前の 花嫁姿

「女の盛りはアッという間です 若い妓の時代
もう私はうば桜 出る幕ないわ
でも もう少し この花街に 私を置いて下さい
せめて あの娘に いい花聟が見つかりますまで」

何度死のうと 思ったことか
だけど背で泣く 乳呑児の
声に責められ 十年過ぎた
宵に褄とる 女にも
きっといつかは 幸福が
来ると今日まで 信じて生きた