愛に包まれて浮かれたあの頃が懐かしい今も胸が痛い日々は笑顔だけど夜になれば苦しい声がこだましてるあのあなたの声夏の夜空 見上げたけどそれはただの夏の空去年あなた一緒に見てた空は今どこにあるの声がかすんでく涙を流し続けたけど何もかわらなかった人は大人になるみんなはそう言うけど大人になった時全部失うの?夏の夜に 過ごした日々は怖いものなんてなかった贅沢だった毎日だって過ぎた後に気付いたわ夏の夜空 見上