悲しいことがあると開く皮の表紙卒業写真のあの人はやさしい目をしてる町でみかけたとき 何も言えなかった卒業写真の面影がそのままだったから人ごみに流されて変わってゆく私をあなたはときどき遠くでしかって話しかけるようにゆれる柳の下を通った道さえ今はもう電車から見るだけあの頃の生き方をあなたは忘れないであなたは私の青春そのもの人ごみに流されて変わってゆく私をあなたはときどき遠くでしかってあなたは私の青春そ