旅立ちの朝に、見上げる空に、見送るだけの思い出なんかじゃないいつだって瞬きもせずに 追いかけた鮮やかな日々見渡せば for the future 透き通るクリアな blue迷わずに行けるんだ 晴れ渡る未来へ駆け抜けて to the future どこまでも自由に同じ時のなかで 呼びあえたオレ達で昨日と明日の境界線上にはさんでおきたい今の自分らしさどこか不確かで未完成な希望を手に取った瞬間のオモイも