世界を救う 物語よりドラゴン倒す 冒険より難易度高い 人生という名のゲーム君の描いた シナリオ通り順調にいかないことばかりで強気な君が こらえきれず見せた その涙元気を放り出さないで俺がいるよ忘れないでもし疲れたら 魔法かけるよ ほら君に君の笑顔が見たいからどんなことでもできるよ吹き出すような変な顔だってさ するよ君は一人なんかじゃない見えない手が支えてるだから迷ったりしないで 大丈夫だよ怖がらな
見慣れた景色が なぜか透明な風を運び続けるみそめたその日が 今も胸の中熱くよみがえる答え探しすぎて 疲れ果てて自分の色を見失うときも ひとりにしない夢の通り道 君と見かけたらすべての時間を 止めたまま求めた指先 明日の香りほどいて導くように 包み込むふたりで刻んだ 道に敷きつめた思い出が 微笑む未来が奏でる 音に耳をすまして 立ち止まる当たり前のように 過ぎる日々が幸せすぎて戸惑うときは 想い重ね