おんな船頭唄 – 一条貫太

嬉しがらせて 泣かせて消えた
憎いあの夜の 旅の風
思い出すさえ ざんざら真菰(まこも)
鳴るなうつろな この胸に

所詮かなわぬ 縁(えにし)の恋が
なぜにこうまで 身を責める
呼んでみたとて はるかなあかり
濡れた水棹(みさお)が 手に重い

利根で生まれて 十三、七つ
月よわたしも 同じ年
かわいそうなは みなし子同士
きょうもおまえと つなぐ舟