キミという光 – 一条寺帝歌(梅原裕一郎)

歌は熱を帯びたまま
冷たく凍えて
虚空に響き渡る

底のない湖に
沈んでいくように
息の仕方を忘れてしまった
もがくほど苦しい

何故 抜け出せない?
進んでもさらに迷うばかりで
深く暗い森に
俺は吸い込まれていく

果てることのない道を
あとどれくらい行けば
俺はキミという光に
会えるのだろう

今、どこに立って
なにを想って
明日を迎えればいい?

光が強いほど
濃くなる影を見て
逃げようとしても瞼の裏に
青い闇広がる

嗚呼 振り切れない
一度知ってしまった温もりの音
孤独になるたびに
俺の胸を突き刺す

嘆く声も出せないで
黙り込む心には
キミの光が絶え間なく
輝くのに

俺はどこにいて
なにを迷って
明日を憂うのだろう

果てることのない道に
地図など意味がなくて
俺はキミという光が
頼りだった

近くに感じても
遠く届かない
キミへの密かな歌

虚空に響き渡る

コメントを残す