光る風 雲は流れ 大地は空へ続く瞳閉じて祈れば 鳴り渡る鐘 なにを求めて 彷徨(さまよ)うのだろう見えない明日(あす)を 手に入れるために 深い闇に包まれ 行き場さえ閉ざされそれでも天使は 夢みることをやめないどこまでも 永遠に 終わりのない楽園を夢みた少年の頃忘れられない愛と 甘い痛み 誰を捜して 旅立つのだろうなくした絆 取り戻すために 魂の呼びかけに 手を伸ばせば届く日溜まりの聖地幾千の昼と夜に守られ