今日は呑み会だ 楽しみな夜だいつもの店で いつものメンツで だけど行ってみれば見知らぬオッサンがいてるツレのツレらしく挨拶して 共に呑む 酒がすすみ打ち解けて ええ人でどこかの社長さんだけど様子がおかしいぞ 会話が不快になってきた 海外行ってた モデルと行ってた ファーストクラスだ ホテルは三つ星1番前でサッカー観てきた お土産ダイヤだいや聞いてない オッサンの饒舌 とどまりを知らず 気持ちよくなってシャ
季節は変わり続けて 僕の心は止まる幸せな記憶が更に 悲しくて 2人で歩いた道も 通い慣れたコンビニも今ではまるで異国の地に 感じる一人旅 僕はまだ君のその姿 いつもいつまでも探しているよ君の面影 君の記憶 消え去ってしまえばいいのに特別な出来事は何も 望まないけれど一つだけねえ神様出会う前の 体に僕を戻してよ 同じような後ろ髪 目で追う自分が憎い昔のテレビゲームの様に リセットしたい 仲間と笑っていても 
枚数の足りないトランプ 大量の古い絆創膏あまり度が合っていない眼鏡デロデロの靴下 先の方が錆びまくっているデカいペンチ 名刺 誰か覚えてないやつ歯ブラシ 毛先開いているやつ 海外でテンション上がって買ったバケツくらいのデカいグラス すてる すてる 思いとどまること無くいけいけ デカいゴミ箱片手にすてるすてる 二度と振り返らないでほらほら なんかスッキリしたでしょ 簡単な家電の説明書 必要以上の軍手メガネよ
遠い宇宙の記憶この星に降り注ぐ未だ見ぬ新たな世界希望がこみ上げる そんな中出会った2人の奇跡を今噛み締めている 新たな髪 新たな肌君のその全てがセクシー2人の歩む道信じて 輝く日々 生き抜いたらその先に見える物語きっとずっと感じてる 過ぎる毎日の中で気がつく事があるこの身体の1つづつ全てと繋がってる 明日もし この身が果てても何1つ後悔などない 時が過ぎて もし2人が宇宙の小さな星になっても変わらない 大きな
スーパーへ行ってケーキミックスの粉と牛乳と卵を買ってきて牛乳と卵は先に混ぜといてその後にミックスの粉を入れるケーキミックスの粉を先に入れると混ぜすぎてしまうので注意だよ大きく適当に軽く混ぜまして少々ダマが残っても大丈夫さ もしもあなたがそのタネを必要以上に混ぜすぎてしまったら出来上がった時の膨らみが少なくなってしまうのでお気をつけてコンロの炎でフライパンをあっためて濡れたふきんの上で冷ましますそして
I want to warm youI really want to warm you I want to warm youI
MAX倒すなら一言かけろ 特急列車で前のおっさんが 席を MAX倒してきた別に倒してもいいのだけれど MAX倒すなら一言かけろ 圧迫感 圧迫感めっちゃ狭い なんだかとっても損した気になる圧迫感 圧迫感弁当食べにくい 残念なことに隣もデブ MAX倒すおっさん ネクタイしてないMAX倒すおっさん 常にガム噛んでるMAX倒すおっさん 変な香水つけてるMAX倒すおっさん 靴下デロデロ 直接言ったら喧嘩になるので 車掌
新しい道のり歩む君と共に僕の想いよ 消えないで ありがとうの記憶が 胸に溢れ出して僕は気づけば1人 走り続けてた友達や家族の 温かい想いが胸に突き刺さり 動けなくなるよ 悲しみや苦しみは 必ず乗り越えて行ける2人の未来を感じて 新しい道のり 歩む君と共に胸に咲いた花 散りばめながら思い描く青空 遥か彼方まで僕の想いよ 消えないで 目の前の高い壁に 1人ぶつかった時側に君がいたこと 気づかずにいたよ 君がいる