私の白い部屋さめたスープあの人のいない心淋しさを告げる人さえない今の私街へ出て彼の噂きくわ 時にはけんかもいいわいつわりならば別れもいいわ バスを待つ私に落葉が散るなじみの酒場で彼を待つわ 時にはけんかもいいわいつわりならば別れもいいわ 淋しげな灯りが道をてらす街へ出て彼の噂きくわ