500円玉と少年 – リュックと添い寝ごはん

500円玉を握って
自転車漕いで走ろう
500円玉を握って
放課後はどんなことしようかな

この服を着れば主人公
この靴を履けば瞬足さ
そんなマジナイもいつしか
信じなくなったおかしいな

17(時)のチャイムで時が止まって
帰りたくないよここから
もう少し居たいよ

幼い頃のおもちゃ箱
今は教科書で埋まってて
あの日の夜の空は満月で
次の日にはもういざよいだ
気迷いだらけだ

500円玉を握った
小さな手には夢と希望
あなたの右手を離した
大きな手には覚悟 1つ

17(歳)のチャイムで時が変わって
500円玉なんかよりも
君の手を握りたかった

幼い頃はなにもかも
考えないで生きていた
あの日にまた戻りたいけどさ
無理難題はやめにしよう
今を生きるんだ
明日が来るから