暖かな手の中で そっと光灯すよ心から 幸せを 感じれる様に 強い風吹いても 躊躇(ためら)う事もなく立ち向かえる心を持っているんだね 頑張っている姿 いつも見てるから判るんだ 隠してる 涙の跡を 誰にも言えない 悩みがあるのなら言わなくてもいい心晴れるまで 私が傍にいるから 胸にある暗闇に 光を今灯すよ一人の夜が 寂しくならない様に 手のひらの温もりで優しく抱きしめるよ悲しみが幸せに変わる様に 夢が叶う日まで
ミルク色した霧が晴れたらあなたにもうすぐ会えるミルク色した やさしい笑顔いまにも溶けだしそう とても楽しい お話をそばでずっと聞いてるのが大好きなんです おねがい(お願い) ひとついいですかどんな たたかいの毎日でも無事でね(ご無事で) ケガに気をつけてfly away 信じるまま翔んでいてね ミルクをいれた 紅茶をいれましょうおもてなしは ビスケットあなたに一杯 わたしに一杯ポットのためにもう一杯 タータンチェ
髪を撫でる陽射し 思い切り吸い込んだら忘れてた気持ちが 体中を駆け巡る待ちきれずに両手広げて待ってる君がほらここまでおいでと誘う 夢見る気持ちを真っ直ぐ描いた果てない 空へと 還りたい場所 びゅんと 背中押す風私の背に はためく翼護りたい場所 高く 高く かざしたこの手で つなぐ明日を 信じて きらり瞬く星 憂鬱 吹き飛ばしたら無くしてた思いが 体中から溢れ出す君がいる所(とこ)まで もう迷わず行けるか