Break a leg! Break a leg!Break a leg! 全力で!「Come on! Let’s do it! Oh Yeah!」 Here
馬鹿じゃない?馬鹿じゃない? 点滅する信号に急(せ)かされたって横断歩道は ああ走りたくない トラックのドライバーがイライラしてこっち見てる So what? 誰かが誰かに何か言いたい時代他人のことなどどうでもいいのに…自分のことだけで手一杯だよ人様のことは興味ないお互い勝手に生きたいように生きよう だから呟(つぶや)く 息を吐くんだクラクションの煩(うるさ)い街で独り言って もう一人の存在証明今日も呟(つぶ
Pa Pa Pa PaPa Pa Pa PaPa Pa Pa PaPa Pa Pa PaPa Pa
ずっと会えなかったね会えるその日 待ち望んでた世界の針が止まってしまった 誰のせいでもないからしょうがないとわかってたけど空を見上げて思うしかなかった 寂しすぎて 辛かった日々どれだけ君のことを好きかと気づいた いきなり 思いっきりハグしよう言葉より先に 我慢してた感情が溢れ出すだろう いきなり 全力でハグしようしばらくの間 夢じゃないと確認させてよ溜め込んでいた 愛の分 こんな近くにいたのに距離を置いて恋
意思のない傍観者は いつも群れを成すものだ同調した声を上げて そこから動きはしない 街を埋め尽くす 迷える群衆よ 静まれ希望を手に入れるために僕が行こうAh Ah Ah Ah… 何人(なんびと)も 何人(なんびと)も傷つけたくはない眼差しのその先を邪魔しないでくれ今すぐに 今すぐに道を空けるがいい堅牢な大義なら体を張ってみろ建前の正義なんか振りかざすなさもなけりゃ僕は剣を抜くしかない 風のない青空
何かを願い続けること体力と気力が必要どこかで諦めてしまいたくなるものさ汗が溢れて息も荒くなる早鐘 打つような鼓動 なぜだろう それでも僕らは全力で夢をよじ登る Wow Oh Oh…いくつめの壁だろう何回 乗り越えただろうため息をついていたってしょうがないよいくつめの壁だろう絶対 乗り越えるしかない見上げる試練はどこまでも続くWow Oh Oh…Wow Oh Oh…Wow Oh Oh…Wow Oh Oh… 誰かと競い合ってい
生きてりゃいいことあるもんさ 自分のことがずっと嫌いだったんだ死んでしまいたいと思ってたやりたいことなんか別に何もなかったし将来の夢を考えたこともなかった学校なんかなくなればいい友達は一人も欲しくない どうして僕は生まれたのか?命の使い道を (持て余してる)無駄でしかない膨大な時間と怒りと絶望紛らすには真夜中 全力で走るしかなかった 君と出会って泣けて来た なぜか涙が止まらない心 閉ざしてた僕が 同じ痛
トレイン トレイン 走り出すよトレイン トレイン トレイン 人の波 黙って流されてしまおうか?みんなの意志に逆らえば邪険にされて足を踏まれ小突かれる どこへ向かっているのかなんて聞いちゃいけないんだろう列を乱さず 不満飲み込み行進してりゃ満足か? 夢など見なけりゃいいんだ 傷つくこともないのに自分の行きたい場所ができたから他の道 進む誰かに反対されたって 僕は行くしかないんだ見えない列車の発車ベルが鳴り
団地の給水塔が今日は威圧的に見える真っ青な空を邪魔するのは誰だ? 犬を連れたどこかの主婦が 一言何か言いたげなのは僕の白いシャツが破けているからか 制服は泥だらけだし 唇は切れて血を流して喧嘩したのかって聞きたいんだろう どんなことにも その理由と事情があるだけどあんたにそんなことを話したくもない 僕を (ほっといてくれよ)今は (仰向けのままで)そうさ (こうやって寝転んでいたい) なんて理不尽な (なん
HEY!HEY!HEY!HEY! ある日 突然 僕たちはこの世界に放り出された(何の説明もないまま)道に土埃 舞い上がって荒れた大地は果てしない事務的にドアを閉められて大人になったんだ光と影は 希望?絶望?太陽次第だ たとえ地図がなくても どこかへは辿り着けるだろう地平線 その先には何がある? サバイバー!(HEY!)前へ前へ歩けよ!(HEY!HEY!HEY!)風に負けるな!サバイバー!(HEY!)どん