LJUBICA ~すみれ~ – ヤドランカ

すみれの花の思い出は
遠い故郷(ふるさと) あの空の色

青い小さな花びらは
いつかふたりで見た空の色

木漏れ日の中 つないだ手と手
瞳(ひとみ)を閉じて あなたを想う

あの日の母の微笑みは
今も心を照らしているの

幼い頃の家はもう
知らない人が 住んでいるのね

光あふれるその庭に
すみれの花は 咲いてるかしら

迷子になった子どものように
やさしい母の声を探した

すみれの花の思い出は
遠い故郷(ふるさと) あの空の色

青い小さな花びらは
いつかふたりで見た空の色

季節(とき)は流れて 私はひとり
還らぬ日々を 抱きしめている
ラララ…

コメントを残す