君はよくがんばったねつらい険しい人生の洞穴でエコーたっぷりにさけびたくなる毎日 君はよく言ってたよねまるでサーカスの曲芸熊だよ僕は楽しいことなどない踊る以外に たっぷりと日ざしが強くて日傘がほしいところ君にはいっしょに帰ってくれる人もいないのかい? 天国までの長い道のりここで寄り道しようよここは木蔭で 涼しいから こんな事ばかりなのかなプラモデルの部品が足りない時の気持ちをね ついつい思い出すよ 毎日 たっ
自転車に乗って、歩きだす様なそんな速さの 幸せがいいな自転車に乗って、走ろう 苦しい時は Ha―ママの涙を力に替えて 自転車に乗って、ピケ帽かぶって霜夜を探検ロクでもないな 楽しい時も Ha―愛を言葉でたくさん欲しいよ 「僕だって悲しいんだ」驕っても漸りと坂道 天際までいつかには消えちゃう それまでにフウマカダム脇の鐘を鳴らそう 自転車に乗って、歩きだす様なそんな速さの 幸せがいいな 楽しい時も Ha―愛を言
土曜日の夜 何かが起きるのあの人の瞳が 燃えているから土曜日の夜 何かが起きるのわたしにはわかるの 胸がふるえるきらいになんか なったりしない愛しているわ たとえ何が起きてもあの人のもの わたしの心は神様が決めたと 信じているの 土曜日の夜 何かが起きるの恋する心は 感じているのきらいになんか なったりしない愛しているわ たとえ何が起きてもあの人のもの わたしの未来は神様が決めたと 信じているの
週末になれば僕たちは かならずバリューを食べにゆくそして今年の僕たちは 今年中になんとかなれるのか4月になれば君と二人で 桜の下でランデブーso love love love love love love 夢見る oh!チェルシー素直で優しくかわいい娘 ちょっとだけにっこり笑って見ああ ある種のムードが漂って 百個の電気が ともるのさ4月になれば君はそよ風 星を見上げてランデブーso love love love lo
カボチャ頭 玉ネギ頭ジャガイモ頭 ニンジン頭 イカれちまったぜあいつどうにかしてるぜこいつ煮ても焼いても炒めても煮ても焼いても炒めてもこれではとっても食べられない イカれちまったぜあいつどうにかしてるぜこいつ揚げても 巻いても 挟んでも揚げても 巻いても 挟んでもこれではとっても 食べられない
バーゲンだったら買いましょううちの子供も ブランド服がプロパーで買うって バカじゃない?バーゲン娘はやめられない
饅頭にイマジネーションは饅頭にオリジナリティーは饅頭にアイデンティティーはあァ、いらないのか 友達が博多へ行ったお土産に 饅頭をくれた「博多の女」という饅頭をあァ、くれた 友達が横浜へ行ったのよお土産に 饅頭をくれたのよ「横浜の女」という饅頭あァ、くれた あァ ふたつともおんなじ味だった包み紙だけバラバラで味も形も 全く同じだアア、アアア ア、アアアア……饅頭にアイデンティティーはあァ、いらないのか 友達
ここはジャングル コワいぞここはジャングル おっかない
「或る日 あんさんが ほわりと消えてしもうた日からわては 雨にぬれても愛を求めて サン・ホセへの道を歩いてきたんどすえそやけど あんさん 信じた私が……いや それ以上はいえまへん何か ええこと おまへんやろか 子猫はん」 日陰道 ひとひら 薄羽の蝶が迷いこむのエニー・デイ・ナウ 恋の面影儚い幻に すがりたくて リーチ・アウトなの 祇園の妓をくるわせた あなた愛のことば 信じた私が 信じた私が ああ 耳の
アメリカってどこにあるのオノレもよう分からん、てかわたし住んでる日本から 何も見えやしない 御都合主義でズルいふり口から泥人形生産原宿センスで病んでいて気付かずにいたのよ 君だけは悪い 君こそは悪い 君ほどは悪い奴はない最後の気持ち しがみ倒してわたしが悪い 犬・いぬ・イヌがやって来た犬・いぬ・イヌがやって来た 最早 UVカットして 最早UVカットして見ざる 聞かざる あまちゃずる 心 メーター振り切って外
あの世へ帰りたい三途の川に 蓮の花あの世へ帰りたい僕がこの世に 生まれる前の 故郷へ あの世へ帰りたい白檀の花に つつまれてあの世へ帰りたい僕がこの世に 生まれる前の 故郷へ
エケセテネ それが僕らのあいさつエケセテネ これでいこう エケセテネ ウーウーエケセテネ ウーウー オー1、2、3 それが僕らの世界エケセテネ 教えてあげるよオー1、2、3 これが僕らの言葉エケセテネ これでいこう イエイ!イエスマン イエエのエのエカモン!カモノハシカモモのモのモオーケー!桶狭間 オケケのケのケアイ!アイラブユー アイラのブのユー エケセテネ それが僕らのあいさつエケセテネ これでいこう
いつまでも遊んで 見えなくなるまでいつまでも見つめて 歩き出せるまで いつまでも話して 眠たくなるまでいつまでも笑って 夜が来るまで 空の下 川に踊るカニを見つけたのそれはそれは素敵な素敵なことね いつまでも恐れて 怖い夜の夢いつまでも守って 息をひそめて 寂しさにつまづいて君を見つけたのそれはそれは自然な自然なことね いつまでも感じて 刹那の喜びいつまでも捜して 失くさない様に 眼の前のものたちに色をつける
見たことない 聞いたことない見たことない 聞いたことない 川を横切って 山をひとまたぎ海を越えて お出かけ 赤い風邪薬 空にばらまいて大気圏も 抜けていきましょう さあ帰ってきたらゴミ出さなきゃ Oh Oh… 赤い風邪薬 空にばらまいて大気圏も 抜けていきましょう さあ帰ってきたらゴミ出さなきゃ Oh Oh… 見たことない 聞いたことない見たことない 聞いたことない 赤い風邪薬 空にばらまいて大気圏も 抜けてい
自転車に乗って、歩きだす様なそんな速さの 幸せがいいな自転車に乗って、走ろう 苦しい時は Ha−ママの涙を力に替えて 「僕だって悲しいんだ」驕っても 番狂わせ斬りと坂道 天際まで キコキコいつかには消えちゃう それまでに フウマカダム脇の鐘を鳴らそう 自転車に乗って、ピケ帽かぶって霜夜を探検 ロクでもないな自転車に乗って、帰ろう 楽しい時も ハアハアハ愛を言葉で たくさん欲しいよ 2人の間にシネラリア 束に
今日の気分は ワンダフルドドンパ踊れば ワンダフルドドンパ歌およ ワンモア広島 長崎 ノーモア ドドンパ ドドンパ溢れる幸せ ラップやヒップもいいけれどおしゃれなティーンにゃ飽き足らぬ遠慮なんかはノーサンキュークラブでみんなドドンパ ドドンパ ドドンパ広がる喜び 甘いメロディー誘惑的なラッパ隊ティーンエイジの おしゃれなリズム ラップやヒップもいいけれどおませなティーンにゃ飽き足らぬ遠慮なんかはノーサンキュ
ピーピピピピピカソも ダビンチも好きな ものだけ 自分で決める ダリ ローランサン セザンヌゴッホ タロー モジリアーニシャガール ロダン ミケランジェロマネ ウォーホールカマチ モネ ダビデ ビーナスエゴンシーレ ドガ ゴーギャンキヨシ シャラク ムンク カミーユドラクロワ ミレー キュービズム シューシュシュシュシュシュールもモナリザもいいか どうかは 自分で決める どうして空は 青いのかどうして赤
あなたと 潮風まかせ ドライヴ でも お別れね これっきり真夏を 待ちきれないで かもめが舞えば泣きだしそう 江の島…他に好きなひとができたの?わたしのキスをゆるし過ぎたの? あぁ罪な嘘は どうぞ言わないで―恋に 終わりがあると 決めたのは誰逢えない準備 まだできないわみんな 夢だったのね
肝焼く 空気を吸うあたたかい所へ 行きたいとりあえず新しい物で満たす時間 平常心 何故 わたしたち 手をとれないの?優しくなりたいよわかってよ。信じてよ。わかって、信じて、わかりたいの。 次元の違う あれやこれ気球に乗って眺めてみようシュラーフザックであれやこれ鵲の橋 仰ぐ 少し近づけたかな誰でも違うペースが、ある。北斗七星までの彼のみちしるべをみつけよう 一億光年ずれる二人をひきよせる力を与えてよ。愛し
幸せは歩いてこない外は雨降り傘がない愛する人は誰かに夢中かけた電話は話し中 十五 十六 十七とあなたの人生 話し中 線香花火をあげるから歩いてみようよ とりあえず絶望 絶望底なし沼に底はない ドリカム聞いてはみてもあまたの見る夢 悪い夢これは夢だと もがいてみても目覚めたところが夢なのよ春夏秋冬 ナイト&デイあなたの友達亀だけね 亀に声帯あるならばハモッてごらんよ この歌を絶望 絶望自分で自分に指を指し 死ぬことも出
上野オフィスのかわいい娘 声は鴬谷わたり日暮里笑った あのえくぼ 田端ないなァ 好きだなァ駒込したことァ抜きにして グッと巣鴨がいかすなァ 始め大塚びっくりに デートさそいに池袋ところが男が目白押し そこを何とか連れ出して高田のバーで酔ったとき 胸の新宿うちあけたああ恋の山手線 代々木泣くのはおよしなさい 原宿ならば食べなさい渋谷顔などいやですわ 頬は恵比寿にかぎります目黒のさしみか天ぶらで あたし五
あたまが(クラクラクラクラ)5だよーんおめめが(グルグルグルグル)5だよーんこころが(ドキドキドキドキ)5だよーん(めまい めまい めまい めまい めまい)倒れそう 倒れそう 倒れそう おしりが(プリプリプリプリ)5だよーんおひざが(ガクガクガクガク)5だよーんせすじが(ゾクゾクゾクゾク)5だよーん(めまい めまい めまい めまい めまい)3倒れそう 倒れそう 倒れそう (めまい めまい めまい めま
あてのラバさん タヌキの親戚で コロコロコロコロコロ 転がってる阿弥陀如来を頭に埋め込んで 光速で走るよヤシの木かげの トカゲの帆掛け舟 ゴロゴロゴロ 語呂合わせの光景赤い注射器 千本飲み込んで 約束を破るよここらへんは どこかしら (ハテ、ハテ)宇宙の果ての果て (ハテ、ハテ)見知らぬとこだと思っていたら 隣の家だったほな 隣の家から 地下鉄に乗って ベニスのゴンドラ 運河をスィーアルプス一万尺
しわしわの夢を見ながら、顔が蒼ざめてく。テトラポットの上に立ち、僕を見ている君。剥き出しの気持ちもいつか海の水に溶ける。僕たちの恋は、養殖されて、色も無ければ 味もない。水中花を 揺らして君を迎えに行こう。エラを軽やかに動かせ君が泳ぎだすと、真昼の月が輝いて鱗に心地いい。剥き出しの想ひもいつか海の底へ沈む。 僕たちの恋は、養殖されて、色も無ければ 味もない。水中花を 揺らして君を迎えに行こう。 剥き出しの
初めてなのに 懐しい私は歩く ビルの谷間の探険隊何か予感の 不思議な気分 シャキシャキリズムは 星のくず鏡の壁に こだまして私にやさしく つたえるのきっときっと 異次元からのモールス信号 いろんな街に 置いてきた忘れたはずの 遠い想い出キラリ みえるだれか魔法を かけたのかしら シャキシャキリズムは 星のくず記憶の街に こだまして私の心を おどらせるきっときっと 異次元からのモールス信号 シャキシャキリズ
Wow Wow Wowあなたの耳のむこう夕陽がきれいね息をかけたら消えそういまから私達のハートはすべりはじめるの 甘い世界へ 夏がゆく頃に恋もおわるってだれがきめた悲しいこと私 信じない あなたの肩に顔を埋めた色あせる空が せつなかったの Wow Wow Wowあなたの耳のむこう夕陽がきれいね息をかけたら消えそう Wow Wow Wowふとつけたのカーラジオ流れてくるのはビーチボーイズ潮がひくように愛も消えるって誰が
ありがたいな ありがたいなありがたいな ありがたいな いつでも風呂に入れる 夜空の下で洗濯スミからスミまで きれいにして ツルツル ありがたいな ありがたいなありがたいな ありがたいな いつでも風呂が磨ける 夜空の下で洗濯スミからスミまで きれいにして ツルツル ありがたいな ありがたいなありがたいな ありがたいな
愚か者よ おまえの流した涙を受けよう愚か者よ 私の胸にほほをうずめて 今夜は眠れよ 見果てぬ夢に 男はさまよい女はこがれるルージュを引けば 偽りだけがいつも真実 それが人生 愚か者よ おまえの失くした時間を探そう愚か者よ 私の腕に夢をあずけて 今夜は眠れよ ごらん金と銀の器を抱いて罪と罰の酒を満たした愚か者が街を走るよ おいで金と銀の器を抱いて罪と罰の酒を飲もうよここは愚か者の酒場さ
あのネ Q太郎はネ頭に毛が三本しかないんだよQ.Q.Q.Q.Q.Q.Q太郎はネオバケなんだオバケなんだオバケなんだけれどともだちなんだ やさしいやつさいつも おなかをすかしているんだよだけど犬には とっても弱いんだってさ あのネ Q太郎はネ何もできないけれど 消えちゃうんだよQ.Q.Q.Q.Q.Q.Q太郎はネオバケなんだオバケなんだオバケなんだけれどズッコケなんだ あわてん坊なのさいつも 失敗ばかり
かかえきれない想い 手のひらにあふれてた 木蔭 ここは涼しい 寄り道しようよ ままならない日々 ばかり風まかせのまま つのりこのまま 過ぎ去ってゆく知らずにはにかむことも 忘れて気ままにはしゃぎまわることだけ覚えて 木蔭 ここは涼しい 寄り道しようよ あの頃は白い翼暮れなずむまでいっぱい飛ばし続けたよそんな頃から 遠くないはずだから きっと 待ってる みんな知ってる歩みを とめて 見上げてごらんだから陽射