Vintage Wine Spirits,and Roses – ムーンライダーズ

その名は Pansy
遅咲き 蕾
寝苦しい 夜
狂い咲くんだ

今夜は ブランディ
年老いた バーテンダー
差し出す グラス
砂が 溢れる

君は 今を 語ってばかりで
僕は 昔の 話するだけで
誰か かけた Subterranean Homesick Blues
で ラウンジで 奏でる コンボの あのメロディ
聴きに 出かけないか? Pansy

Vintage Wine and Roses
昔と 変わらない
Spiritsは どうだ?
置いてないのかい?

76年来
仕草は 変わらない
似合うよ ワンピース
古く 感じない

不幸は ずっと 続いてもいいんだ
心の 傷は 塞がらなくてもいいんだ
小さな 幸せ なら手にしなくてもいいんだ
うなずく 君を 辿り着いたHeightsで
見つめているだけで Pansy

解き放たれそうだ
話を しよう
愛や恋じゃ ない
2人の 話

Vintage Wine and Roses
少し あるだろ
Spiritsも どうだい
互い違いに

Vintage Wine Spirits,and Pansies
プールサイドに出て
閉店の 前に
泳いで みるかい