このまま欠片さえも残らず消えて行くの?ひらり落ちてゆく粉雪みたいどうしてこの世界は私を産んだのかな?微かな光さえも届かないこの暗闇で(Ah...)何一つ…願いならひとつだけ願いならひとつだけもしも生まれ変われるならあなたの傍にいさせて叶わぬ願いでもいい霧の向こう側へもしも生まれ変われるならあなたの笑顔の傍で叶わぬ願いでもいい今だけは言わせて時々不安になるこのまま生きることが鼓動が ざわめくの闇に呑