並び歩く影夕日が頬を染めていく光に目細め何かを探し覗き込む心がざわついて漏れ出す不安を風が払った素直に心に聞いてみようあなたをずっと守りたい小さな胸に灯る光絶やさぬように添えた手にわたしだけの (きみだけの)あたたかい未来が少し見えたひとり目が覚めて朝日の向こう駆け抜けてくできることを全部拾ってポケットにしまってくもがいて手に入れた新しい舞台(せかい)の幕が上がった素直な心ぶつけてみよう自分の道を