先輩と今日は久しぶりに街で遊んだ私は終始ソワソワして落ち着かなかった先輩は何か前よりもずっと綺麗になってた大学という場所にはそんな魔法があるのか迷っていたけど 悩んでいたけど私は決めた動機不純かもね いや不純じゃないよだって 私 一応目標あるもの私も先輩と同じ大学に行く 理由はただひとつだけ愛しい先輩のそばで 魔法にかかって綺麗になるんだもん パパとママがうるさいから 机に向かうノートいっぱいに吐き
彼女はいつも菊川から乗ってくる水色のイヤホンをしてあまりにも真っ直ぐな前髪見た目は学生さんなるべく近くにいれる位置を僕は陣取る運が良い時は隣にいれる事もあってその時の幸せな気分と言ったらないそうして彼女は市ヶ谷で降りて行く 帰りは流石に一緒にはなれないだけど今日はなんと!飲み会か何かの帰りらしい彼女に遭遇したいつもの水色のイヤホンはしていなくて軽くうなだれて 前髪がそよそよと揺れて泣いてるの?泣いて
さあ これから僕は自慢話をするよそう あの娘と僕は海に出かけたんだよ 車は走る 僕は助手席 夢にまで見た裸のヴィーナス… 真っ赤な太陽 プニプニの身体サラサラの砂の上で僕らはカラダを重ねた 誰もいないからダラダラ流れる汗が気持ち良い な 静かな波だ なんて鳥だろ?肩にもたれるエロエロヴィーナス 真っ赤な太陽 プニプニの身体サラサラの砂の上で僕らはカラダを重ねた またまた重ねたギュッて抱きしめた 生きてて良かった 真っ赤な太陽 プニ
だるい顔でドアを開ける朝の光がお前を突き刺す小さい背中 見送るだけで俺はまたしても蒲団に戻る オレンジの夕日が窓に射し込む頃にはお前は帰ってきて俺とバトンタッチ 今日もまた俺は行く 居酒屋に働きに新しい家族が一人増える 眩しい 眩しい 朝は馬鹿ださてと帰るか 帰って寝るとするか…道に転がる石を蹴飛ばし一人ニヤける やっと家に着いた 目の前の現実に俺らはいつも怯えていたけれど心配ない 俺について来い! お前なら 俺らなら 二人
私には星が見える 一番輝く星が私には星が見える 大好きなあなたの星毎日あなたを見てる 淋しくなんかないあなたは私を見てる? ほら 髪切ったんだ 私には星が見える 一番輝く星が私には星が見える 大好きなあなたの星ずっとあなたは私の旦那様だからね浮気なんかしてないもん 子供欲しかったなぁ私には星が見える 私もそっちに行きたいでもあなたに怒られちゃうから まだ私はここにいよう私には星が見える
君が居なくなってからこの部屋も随分汚くなった煙草の煙が部屋いっぱいに広がっている 君が居なくなってからビールがなんだか不味くなったこの苦い酒が一人の僕のいい薬だ 仕事から帰って来たって誰も待ってないネクタイほどいてテレビをつけた 戻りたい 僕が馬鹿だったやり直したい もう一度君を抱きしめていたい今でも君が僕の中に居るんだ 居るんだ 居るんだ 君が居なくなってからあいつの電話も急に途絶えた僕のほうからも電話は最近し
チューで全てが解決するんじゃないか何もかも何もかもだよいがみ合うことなんか無い血を流し合ってる暇があったら暇があったら テレビを見ててそう思ったのさ夫婦が口喧嘩してたんだいい年をしてみっともないな僕たちも気を付けたいもんだね気をつけようね チューをしよう 相手なんか誰でもいいじゃないかチューをしよう それだけで案外何とかなるもんだ チューで全ては解決できる!言ったもん勝ちさ 知ったこっちゃねぇよ文句を言うな ノ
手を挙げたのはまずかったユミコは隅っこで涙けど悪いのはユミコなんだ僕を裏切った 僕は失望した そのまま家を飛び出して雨の中を独り歩いたユミコはノコノコ付いてきた僕の眼を見た 僕の手を握った 許せない何もかも 馬鹿らしいこんなにも思ってんのに届かない わからないもう嫌だ 嫌がる僕にしがみついて ユミコは何回も謝った「ゴメン、もうしないから。許してよ、お願い」 振り向いて家に引き返した 雨に馬鹿にされてる気がした家につい
働かずに生きて行きたいそう願いながら俺は生きてきたこの歳になってやっと出会えた働き者の美人なあなたと 朝は早く起きて あなたを送り出して一服してお次は洗濯だぜ バスタオル畳んで 大きな窓を開けて今日は図書館にでも行こうかな 七時頃あなたが帰ってくるその前に買い物に行かなくちゃディナーは何にしたらいいかしらあらやべぇ お風呂掃除やってなかった しかしまぁ俺って幸せモンだぜ今日も元気だ タバコがうまいね テーブルを挟ん
アタシは保健室の先生休み時間は 仮病の生徒とおしゃべりする絶対 男子しか来ない何かを期待してる アタシとの何か かわいい顔の生徒には 電話番号を教えてあげる放課後 必ずその子は 電話してくる 妙に低い声でアタシは保健室の先生若い男の体に 触れるのが生き甲斐 アタシは保健室の先生通勤には毎日 すしづめ 井の頭線痴漢は いつでもアタシのこの体に群がる だいたいサラリーマン かわいい顔の男には 好きにさせてる