月日をしあます 嘆くは望郷 平行線しあわせ、こわい。しあわせ、こわい。しあわせ、こわい。しあわせ、こわい。感情の海、満ち、溢れ、瞳、くぐもらせしあわせ、こわい。しあわせ、こわい。しあわせ、こわい。しあわせ、こわい。期待され過ぎた インテリ猫最後の革命家、追い駆ける描写ままならず 頭ではわかっていても 光は届かず 命つれなし期待され過ぎた インテリ猫最後の革命家、追い駆ける誰か、あたしを地獄につれて
あたしはそっと二階の窓から、あなた目掛け床にダイブ世界制覇、目論むうちに トキメイて背面からダイブそれは超!憧憬の的 きけいがお好きでしょう?自殺的に愛したい アレがなくって困りだすあたしは、そう、依存の病気です。あなたを傷つけたいの芽生えくる快楽はステキ トキメイて懊悩 thinking アイラブユー灰汁がなくって光りだす そうだ!アレをキメようソラシドレミがでない したら言葉溢れだすあたしは、
青春ごっこを今も 続けながら旅の途中ヘッドライトの光は 手前しか照らさない真暗な道を走る 胸を高ぶらせ走る目的地はないんだ 帰り道も忘れたよ壊れたいわけじゃないし 壊したいものもないだからといって全てに 満足してるわけがない夢の中で暮らしてる 夢の中で生きていく心の中の漂流者 明日はどこにある?生きててよかった 生きててよかった生きててよかった そんな夜を探してる年をとったらとるだけ 増えていくも
あかん、もう、あかん!あたし、もう、あかん!あかん、もう、あかん!突き破って!!いける、もう、いける!あたし、もう、いける!いける、もう、いける!突き破って!!生の解放を 生の解放を 生の解放を 生の解放を生の解放を 生の解放を 生の解放を 生の解放を生の解放を 生の解放を 生の解放を 生の解放を生の解放を 生の解放を 生の解放を 生の解放を生の解放を 生の解放を 生の解放を 生の解放を…、あかん
朽ちては果てぬ、この命 変わらぬ、悲しみを朽ちては果てぬ、この命 決して、羨むな朽ちては果てぬ、この命 彼は揺らぐのか試してみる、この命、其れは藻屑の様海は遠いのか、そして消えるのか海は遠いのか、そして消えるのかああ、ああ、まじで、この命、何処へ往くのかその宇宙、その宇宙へ
ドュビドュビバッパ ドュビドュバッパッパドュビドュビバッパ ドュビドュバッパッパ イェーイドュビドュビバッパ ドュビドュバッパッパドュビドュビバッパ ドュビドュバッパッパ イェーイ動物的スーパーグループ イッツ オー・ケーあたしのモンスター 飛びだしておいでキャンディスピーカー 体につめこんでメタルジャケットよりも 強い声で歌いながら とびのれアイ・アム・ミュージック ファイターアイ・アム・ミュー
恋しくてゆれる 儚さに泣いたわかりやすく愛をくれる人を抱いた雪どけは 早くて まじりあうのあ い た い あ い た いあ ぁ あ い た い感じやすく濡れて 傷ついた夕暮れ浅はかな昨日 動じない明日怖くはないんだ これから先はあ い た い あ い た いあ ぁ あ い た いよしよし、いい子だ。1人ぽっち、うさぎ、つかまえた。
好き、好き。あなたが、とても、好き。好き、好き。心、うばわれてしまったの。世界で2人きりの2人。
お前斬る お前斬る 脚、朽ちる速過ぎるお前斬る お前斬る いじらしく気が●●お前斬る お前斬る やるせなくなくはなくお前斬る お前斬る なんとなくまたとなくお前斬る お前斬る 愛せなくなくはなくお前斬る お前斬る 愛はなく愛してる泣けよ 泣けよ ただ泣けよ あたしが消える2秒前に泣けよ 泣けよ ただ泣けよ 掴みとれないオーガズム性欲の終わりに垣間見た、潔白或いは妄想の念に駆られ、覚醒、●●、現状全
あの娘はちょっと手強いぞ キラキラお目々を光らせてスカート、ペラっとめくれては照れ笑いを隠してるエッサ エッサ エッサホイ サッサ お猿のかごやだ ホイサッサおののいた、それはちょっと、こっちも「あっ!」っと、びっくりとあの娘はね、頭のさ、ネジがちょっと弱くってねあの娘はちょっと手強いぞ 魔法のクスリが大好きでカワイイ笑顔を浮かべては 見知らぬ誰かに駆け寄ったエッサ エッサ エッサホイ サッサ お
デストロイ!!真っ白けっけの汚点の様々 放り出して、嗚咽して愛ね、暗いね カモン!ミュージック!テンションはFANTASTIC!人生観、ヒント無し!I know, You know, 本能、煩悩、貞操トキメキアバンチュール消えるように逃げて 今を越えていって覚悟を決めたら ラブリーゆきこさんデストロイ!!××寸前、1998年許せぬバイオレンスto冷戦to oh!oh! my GOD!辛い今を喰らい
壊してね、壊してね、こうやってつくるんよ壊してね、壊してね、こうやってつくるんよせやけどね、戻らんよ、壊したもんは戻らんよ別もんや、別もんや、まったくもっての別もんやお前の父ちゃん今晩も、ライブハウスでエアギター。ほんまはね、ほんまはね、ほんまの事を黙っとこほんまはね、ほんまはね、ほんまの事を黙っとこ真実は1人分、そんな訳はあれへんよほんまはね、ほんまはね、ほんまの事を黙っとこお前の父ちゃん毎回ね
カワイイあたしよ死なないで大人になっても生きていて人はみんな忘れてく生き物だから忘れましょう あたしから ああ嫌な子だカワイイあたしよ死なないでどこにも行かずに生きていて苦しまず、続いてく、昨日の続きいいのかな いいんでしょ これから先も…カワイイあたしよ死なないで大人になっても生きていてキラキラな青空が大好きだったサヨナラサヨナラ また会う日まで
あたしを抱かえて泣いてみて。君のその目は、何を見てるんや?何を見てるんや?1、2、3、4 肌を重ねて数を重ねてハマッてく1、2、3、4 優しい罠にだんだんハマッてくどうでもええことありゃあしませんこれで終わるんあほらしいどうでもええことありゃあしません赤いギターが泣いている。あたしを抱かえて泣いてみて。君のその目は、何を見てるんや?何を見てるんや?1、2、3、4 夜を求めて朝を迎えて変わってく1、
神様に縛られた夜がやってくる赤く染まる面影と上手くやれるんかなあ純粋に生きたかった ただ それだけです知らず知らず 口ずさむ歌は枯れるんだろう帰れずにさみしくって 抜け殻のふりをする永遠がほしくって 少し 泣いてみたあたしの頭は悪くって 少し 悲しいんなあとめれずに会いたくって 抜け殻の恋をする下を向く 遠すぎる 敵わない敵わないあたしだけあたしだけ「大丈夫、大丈夫。」息を止めた快楽に『愛』をみた
となりの犬のうわさ話を聞いてもうた聞いてもうた彼女が浮気をしてるんやって気持ちのいい事してみたい あのバンドのギタリストと抱きしめて抱きしめて抱きしめて 離さんといて愛、愛、愛してる とってもとっても愛してるあんたを1番、愛してる!最終電車にゆらゆらゆられてるなんやここは焦燥感の掃き溜めか彼女が涙を一つ落としたよ気持ちいい事してみたい でも朝が来るんちょっと怖い他人に戻れるその関係を壊したい愛、愛
かわらずにこの景色そのままでギラついてどこまでも走ってゆけもう二度と帰れない かわらずにこの景色そのままで未来なんていらないんよ あたしたちどうせなら愛したものから捨てていこうああそれは このまま生きていけるあたしたち未来なんていらないんよ
エゾシカダンス破壊と開放を絶望と虚構をどっちらけてパーティー 瀟洒なパンクdeダンス望みはあるか?と、聞かれますとバースト寸前!どうにかこうにかやっていますが、復活それさえ偶然か六畳一間で蟄居蟄居 「こっちへおいでよ」特急さんはちょっとクレイジーですI can stop me ベイビーベイビー特急さんはちょっとクレイジーですスーパーサウンド ビュティービュティーエゾシカダンス破壊と開放を絶望と虚構
彼女は醜い大嘘つきですオオカミ少女と呼ばれてました『あなたが好きよ とてもとても』誰かれかまわず愛想まくまあいっか、適当で彼女を醜く罵る人は 次から次へと途絶えない時折、首を横にふってみても 何かがかわった気がした?明日も雨が降ればいい結局 あたしになにもない彼女は醜い大嘘つきですオオカミ少女と呼ばれてました『あなたが好きよ とてもとても』これ以上この言葉が嘘になりませんように 笑っておわかれ グ
なかりしか なかりしか至誠にもとるなかりしかなかりしか なかりしか言行に恥ずるなかりしかなかりしか なかりしか気力に欠くるなかりしかなかりしか なかりしか努力にうらみなかりしかなかりしか なかりしか不精にわたるなかりしか私は神に誓って自衛隊における立派な指揮官たることを深く期するものである。日本の地位と国力、ならびに私の力量とその欠点とを自覚し、世論に惑わず政治にかかわらず、常に徳操の涵養と自己の
結構つらい 逆境怖い 孤立無援でなんとやら嘯け嘯け ああ1234絶叫、エロい 苦心の餞別 YES 惚れたが負けよ何も言えず何も言わず ああYESアイドゥーYESアイドゥーそれはさておき 考えます事とは えぐってさぐって悶え打つ事踊れ踊れ踊れ獣獣獣歌え歌え歌え獣獣獣獣喧騒痛い 涙も枯れた 肖像も描けずに YES TVで歌ってるあの子だ駅の近くでハイになってもうた 栄子さん大好き!成仏されてますかそれ
絶景二人で拝みたい!悲しいかな、欲がでたいっちゃあ嫌々 邪魔せんといて 衝動告白命取り彼女を比較の対象に当てはめては否定する理屈に夢中な劇的妄想 ステキな憂鬱楽しもう「確かにあった。あの時、手にした」性欲か真実か見分けもつかぬ 気持ちいいところを探るよせばいいのに、涙も落ちる「あたしはあんたとセックスがしたい」セックス セックス 早く一つに 酔いどれしがらみ知らんがなダーリンお願いヘルプミー 早く
今日は彼氏がいないから、おおはしゃぎったら、おおはしゃぎ今日は彼氏がいないから、おっぴろげったら、おっぴろげ忘れてきた大事なもの、1つ2つ3つ4つあんたに、あんたに、あんたに決めたんや
どこまでいけるの私 途中で気がついて足を止めた生温い空気を泳ぐ死んだ魚のようだ、と笑っていたなくしてきたもの全部 忘れてきたふりしてきた冷たい内臓をゆれるカタチに爪をたてても答えは返ってこないここまでおいでよ 速く 走って手を重ね合わせてみたいの脈打つ鼓動、ひとたび触れれば離れてても生きていた心をつなぐ やさしい嘘をもっとかなしく聞かせてよ 声が聞こえないのあなたがお留守のあいだ ずいぶんいい子に
股を拡げるだけが女じゃあないのです時には、男の上にまたがり腰を振る涙を流すだけが女じゃあないのです時には、襟首つかみボコボコに殴り倒すもっともっと、あたしを見て あたしをもっと大切にしてワガママいっぱい聞きなさいよ 誰に向かって口聞いとんねん甘え上手なだけが女じゃあないのです時には、訳のわからぬ事をほざき当たり散らす子供を産み、育てるだけが女じゃあないのです時には、行きずりの男と寝る事も大事ですも
愛について騙された あいつに騙された手のひら返して、さあ。天国へ連れてって真実を黙ってた 信じたって黙ってた手の鳴るその方へ、さあ。あの子の涙かわいてく愛について騙された あいつに騙された手のひら返して、さあ。手首を切っても、はじまらない真実を黙ってた 信じたって黙ってた手の鳴るその方へ、さあ。今、見た、現状どこへとさあ愛について騙された。愛について騙された。愛のうた歌ってよ 愛してる。って、もう
「壊したい」と言って、造りあげたものを「なんにもいらない」って、君は駆けてくんだ逃げ出せない現状 このままじゃあ負けそう何もかも捨てて 田舎で暮らそうかひとまず眠ろう家路についたら 熱を溶かしはじめながら 声は涸れ落ちる答えをたどれど 夢もまた夢で自分を殺して己に気付いた純粋なものなどありゃあしないのかいそしたら怖いよ さよなら僕の夢かまわず歩こう ひだまりふわふわ涙が乾き あなたの事さえ忘れてし
ロマンティックに腰を振る 五臓六腑にスグいけそうでいけなっくても やりとり重視おっぴろげて心ウキウキ 暑さゆえ抑えきれない妄想中毒 本能まかせ寂しいやらなんやかんやゆうて 中途半端で最高潮でみつけたエロス 目に物を言わせる己の全てを解放する時 完璧で無敵心の臓のバイブレーション なりやまぬ
鳩が飛んだわ 鞄を持って昨日のあなたにレッツゴーレッツゴー祈りを持って 美学を持って月に背を向けレッツゴーレッツゴーああ海が燃えたわ ああ呼吸を止めたときに生まれたみたい拘らず走る人ごみ よく訪れたよく訪れた逆らえず歩く商店街 あの頃の2人 暮らしていたね鳩が飛んだわ 鞄を持って昨日のあなたにレッツゴーレッツゴー祈りを持って 美学を持って月に背を向けレッツゴーレッツゴーああ海が燃えたわ ああ呼吸を
好きよ好きやよ好きやよ好きよ好きよ好きやよ好きやよ好きよ好きよ好きやよ好きやよ好きよあなたの事が大好きよ好きよ好きやよ好きやよ好きよ好きよ好きやよ好きやよ好きよ好きよ好きやよ好きやよ好きよあなたの事が大好きよなんでこんな事になってしもてたんやろなんでこんな事になってしもてたんやろなんでこんな事になってしもてたんやろなんでこんな事になってしもてたんやろ朝、ひらく、私は、夜、育つ。枯渇した、脳を構築し