あなたに違えてよかったあなたには希望の匂いがするつまずいて 傷ついて 泣き叫んでもさわやかな希望の匂いがする町は今 眠りの中あの鐘を鴫らすのは あなた人はみな 悩みの中あの鐘を鳴らすのは あなた あなたに違えてよかった愛しあう心が戻って来るやさしさや いたわりや ふれあう事を信じたい心が戻って来る町は今 砂漠の中あの鐘を鳴らすのは あなた人はみな 孤独の中あの鐘を鳴らすのは あなた 町は今 眠りの中あ
うそつきたくない だけど 強がるしかないあなたに会えない夜でも 大丈夫 大丈夫愛されていたい だから 微笑んでいようあなたに会えない夜でも 大丈夫 大丈夫 青いワゴンを見るたびに あなたのような気がして立ち止まるもう何日も電話だけ 忙しいのは素晴らしいことだけどひとつだけ覚えておいてね すれ違っても信じ合えるのは私たち二人だからこそ 人はもっと弱いものでしょ 大切にしたい だから困らせたくない私の寂し
暖かく 風が流れ出すどことなく澄ます君と 新しい車で海へ向かった前に夢見てた ことかもしれない奇跡のよう ふと想う 過ぎた年月をしばらくぶりに君と 長く話し込み夜が明けてくあの頃の想い 瞳の輝き今もそのまま同じ いつの日よりも 今の君が一番いとおしいMy Sweet Heart永く いつの日もずっと 今の君をこのまま愛したいMy Sweet Heart 明ける空 消え始めた星を引き連れて走るハイウェイ前よりも優
もしも願いが叶うなら吐息を 白いバラに 変えて逢えない日には部屋じゅうに飾りましょう 貴方を想いながら Darling,I want you 逢いたくてときめく恋に 駆け出しそうなの迷子のように 立ちすくむわたしをすぐに 届けたくて ダイヤル回して手を止めたI’m just a womanFall in love If my wishes can be trueWill
たとえば 君がいるだけで 心が強くなれること何より大切なものを 気付かせてくれたね ありがちな罠に つい引き込まれ 思いもよらない くやしい涙よ自分の弱さも 知らないくせに 強がりの汽車を 走らせていた めぐり逢った時のようにいつまでも 変わらず いられたらwow wow True Heart たとえば 君がいるだけで 心が強くなれること何より大切なものを 気付かせてくれたね 裏切りの鏡に 映しだされた 笑顔に
自分を強く見せたり自分を巧く見せたりどうして僕らはこんなに息苦しい生き方選ぶの? 目深にかぶった帽子を今日は外してみようよ少し乱れたその髪も可愛くて僕は好きだよ 風におどる枯葉濡れた芝生の匂い君と寝ころんで見上げた何も無い空 答えなど何処にもない誰も教えてくれないでも君を想うとこの胸は何かを叫んでるそれだけは真実 むき出しの言葉だけを片端に捨てたあの日その向こうの優しさに今なら気付けていたのに 凍えそうなベ
愛の甘いなごりに あなたはまどろむ天使のようなその微笑みに 時は立ち止まる窓に朝の光が やさしくゆれ動きあなたの髪を ためらいがちに染めてゆく 美しい人生よ かぎりない喜びよこの胸のときめきをあなたにこの世に大切なのは愛し合うことだけとあなたはおしえてくれる 愛は風のささやき あなたは目覚める子供のような瞳を向けて 指をからめるよそっと肌をよせれば 水仙の花のようなやさしい香りが はじらうようにゆれて
明日、今日よりも好きになれる 溢れる想いが止まらない今もこんなに好きでいるのに 言葉に出来ない 君のくれた日々が積み重なり 過ぎ去った日々2人歩いた「軌跡」僕らの出会いがもし偶然ならば? 運命ならば?君に巡り合えた それって「奇跡」 2人寄り添って歩いて 永久の愛を形にしていつまでも君の横で 笑っていたくてアリガトウやAh 愛してるじゃまだ足りないけどせめて言わせて 「幸せです」 と いつも君の右の手の平を
息をきらし胸をおさえて久しぶりねと君が笑うばかだね そんなに急ぐなんてうっすら汗までかいて なぜか今日は君が欲しいよ違う女と逢ったみたいだ体にまとったかげりを脱ぎすてかすかに色づく唇 目にみえない翼ひろげて確かに君は変わった 歩くほどに躍るほどにふざけながら じらしながら薔薇より美しいああ 君は変わった 愛の日々と呼べるほどには心は何も知っていないいつでも抱きしめ急ぐばかり見つめることさえ忘れ 笑いながら風
最初は友達で いいわ若い二人だから いいわ好きだとわかっていれば いいわ明日という日が ある二人いつでも あなたしだいで私は愛を 感じて可愛い女に 姿をかえるのよ someday sometimesomeday you’ve got itsomeday someplacesomeday you’ue got it いちどは友達で いいわ気楽に会うだけで いいわ何かを感じるだけで いいわ今日とい