いつだってそこに居たいのにこんな気持ちは消したくないのに止まない暗い怖い雨を降らしてしまうそんなことは単純で人生今何週目?ってぐらい達観してたって苦しくもなっちまうものだろう いつだって止まない梅雨(ばいう)に僕は出られぬ思考の迷路に絡まってずっと哀を謳う歪な脳久しく浴びない太陽にちょっとばかり香っている切なさに酔っていて 依っている愚かな私はそう ありのままを産み出したいとただ願うさまがほら滑稽でそ